コンクリートホッパー メーカー図



コンクリートホッパー・コンクリートバケットのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
転倒バケット、横置きコンクリートバケット、撹拌機、ハンドミキサー、ポットミキサー、モルタルミキサー、アサガオホッパー、Kシュート、コンクリートシューターなどのデータです。


コンクリートホッパー・バケット cadデータ

コンクリートホッパー、自動式の出番は

 コンクリートホッパーは、コンクリートミキサー車から生コンクリートを受けて、生コン打設工事現場に搬送します。そのあと、基礎工事などの工事箇所に、生コンを流し込むための機器です。広い上部から生コンを入れ、出口の下部に向かって次第に口径が狭まっていく構造をしています。
 出口の開閉の型式は2種類あります。手動で開く型式と、自動で開く型式の2つです。通常は、手動ハンドルを上下して扉の開閉を行いますが、開閉操作はある程度の力を必要とするため、自動式の出番となります。自動で開くものでは、ウォームギアで出口の開度を調整することにより、排出量や排出速度を細かく調整できるものがあります。
 コンクリートホッパーの移動はクレーンで運ぶことが多いのですが、クレーンを使わずにフォークリフト可搬型などの特注品も製作可能です。
 コンクリートホッパーの使い方として、生コンクリートを大容量ホッパーに受けてクレーンで高所まで運び、高所では基礎工事を終了した場所にコンクリート打設するシステムが考えられます。
 このようなシステムのプレゼンや導入計画書作成のために、コンクリートホッパーのCADデータが便利です。CADデータには、寸法の入った機器図や360度の視点で俯瞰できる3D図などがあり、メーカーのサイトやフリーのCADページからダウンロードが可能です。

レント

レント

産業車両・一般乗用車・産業用機械器具・建設用機械器具の総合レンタル会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、ブルドーザー、ホイールローダ・タイヤショベル、ユニック車などの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

アースマシン

アースマシン

建設・農業用機械の特殊アタッチメントメーカーです。部品の販売・レンタルも扱っています。コンクリートホッパー・バケット、クラムシェル・アタッチメントなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。用途別でアタッチメントが紹介されています。

ノセ技研

ノセ技研

工事用バケット専門の製造販売会社です。コンクリートホッパー・バケットなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。片開型・両開型のコンクリートバケット、底開型・転倒型の土砂バケットなどが掲載されています。フォークリフト対応タイプもあります。

コンドーテック

コンドーテック

土木用・建設用・荷役用・船舶用金物・鋼材・溶接資材・鋲螺・電設資材の製造販売・輸出入会社です。コンクリートホッパー・バケット、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲート、万能鋼板・仮囲い、立ち馬などの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。

コンクリートホッパー・バケット 規格寸法図

共成レンテム

共成レンテム

建設用機械器具類・農業用機械器具類・建設工事用資材などの賃貸、販売、修理会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザー、トラクターなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

千代田機電

千代田機電

建設機械・土木機械などのレンタル、整備・販売、工事などを取り扱っている会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ、クラムシェル、ブルドーザー、ホイールローダ、トラッククレーン、クローラクレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

クロダテック

クロダテック

建設機械・鋼構造物の企画・設計・製造・販売、建機のレンタル、天井クレーン、橋形クレーン、テルハの設計・製造を手掛けている企業です。コンクリートホッパー・バケットなどの、規格寸法図、仕様書、カタログがダウンロードできます。

サコス

サコス

機械・機器のレンタル、リース、輸出入、販売を営んでいる会社です。コンクリートホッパー・バケット、バックホウ・油圧ショベル、ホイールローダ・タイヤショベル、トラッククレーン、クローラクレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

コンクリートホッパー 図面cadデータ Google

コンクリートホッパー 図面cadデータ Google

コンクリートホッパー・バケットバケットのCADデータが、多数紹介されています。コンクリートホッパーとは、生コンクリートを仮受けし、目的の場所へ流し込むための装置のことを言います。上部が広く、下部の出口に向かってすぼまっていく漏斗のような形状をしています。出口は手動で開くものと、自動で開くものの2種類があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする