ダクト、スパイラルダクト


このダウンロードサイトのリンク集からは、ダクト・スパイラルダクトのCADデータを手に入れることができます。


ダクトは、キッチンやユニットバス、トイレなどに設置してある換気扇などに繋いで、室内の空気を外部へと排出する役割を担っています。
しかし、ダクトは、CADによる「意匠図」には記載されることはほとんどありません。
ごく稀に、換気扇の位置確認として、点線などで表示されることはありますが、ダクト自体は表記される事はありません。

ダクトは、空調などの設備に属する分類に当たります。
そのため、ダクトの経路の表記は、CADによる「設備図」に表記されることが多いです。
また、「設備図」の中にも大きく分けて「給排水設備図」や「電気図」と分類されており、ダクトの経路の表記は「電気図」に記載されていることが多いです。


この記事の後半では、ダクトの設置計画や注意点などについて説明していきます。


ダクト・スパイラルダクトのCADデータをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。



ダクト、スパイラルダクト 2Dcadデータ

クリモト

クリモト
スパイラルダクトの、技術資料が、ダウンロードできます。

因幡電機産業

因幡電機産業
エアコン配管 CADデータ、スリムダクト空調部材 CADデータ、給水給湯関連 CADデータ、防災製品 CADデータなどが、ダウンロードできます。

フカガワ

フカガワ
ダクト類の、製品カタログが、ダウンロードできます。角ダクト、FEF保温ダクト・ラッキング保温ダクト、スパイラルダクト、フレキシブルダクト、エルボ継手、差込継手、グラスウール保温継手などのデータが掲載されています。

ZEROCAD 空調設備専用作図システム

ZEROCAD 空調設備専用作図システム
申請書や設計図、施工図まで、空調設備に特化したシステムです。単線・複線ダクトが線を描く要領で入力できます。ダクト入力中のサイズ変更により、片ホッパ・両ホッパが自動的に挿入されます。ダクト部分をカット処理、点線表現に変換します。

JWW設備施工図ツール (ダクト編)

JWW設備施工図ツール (ダクト編)
JWW用、空調ダクト作図ソフトです。

ダクト cad-data.com

ダクト cad-data.com
ダクトのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。ダクト継手のCADデータは、45°プレスエルボφ75~200、プレスエルボφ75~φ200、異径T管φ75~φ200、T管φ75~φ200、レジューサφ100~φ200などのCADデータが揃っています。

スパイラルダクト 図面 Google

スパイラルダクト 図面 Google
スパイラルダクトの図面、写真、イラストが、見れます。スパイラルダクトは、帯鋼をラセン状に捲きながら帯鋼の両端をハゼ折りにかしめて製造したスパイラル鋼管です。重なり合わせ部分は4枚の帯鋼が重なってパイプの外周をラセン状に走り、パイプの強度を高めています。


必要なCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから収集してください。
次のサイトでは、ダクト、スパイラルダクトのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダクト、スパイラルダクト、CADデータのまとめサイト

ダクトの経路計画、最短ルートと構造面をチェックしてみた


この項では、最短ルートによるダクトの経路計画や、ダクトの構造上の注意点について解説していきます。

1. ダクト経路は、水回りを通る最短ルートで計画する

ダクトの経路計画は、その役割を考慮した計画を行う必要があります。
ダクトは、換気扇などと繋いで活用することが多くあります。

換気扇などがよく設置してある場所といえば、キッチン、ユニットバス、トイレなどの水回りが特に多く計画されています。

換気扇の役割は、室内に溜まった汚れた空気以外に、湿気などを外部に排出することです。
特に、水回りは湿気が溜まりやすく、カビの発生も起こりやすい場所です。
その抑止力として、換気扇の設置計画を検討しておく必要があります。

戸建ての場合は、換気扇を外壁側の壁に設置することで単体でも問題ありません。
しかし、マンションの場合は、建物構造上、換気扇だけでは意味がありません。
ここで初めてダクトの必要性があります。

マンションに設置してある換気扇のほとんどが、ユニットバス、トイレ、洗面と1つのダクトに繋いで排出することがよくあります。
水回りの多くはひとまとめに集中していることが多いのです。

しかし、それだけでは不十分で、あまり長い距離のダクト経路計画をすると、ダクト内部で湿気が溜まりやすくなり、ダクト内部でカビが発生してしまう恐れがあります。
そうならない為にも、出きるだけ最短ルートのダクト経路計画を考えましょう。

2. マンションのダクト計画は梁に注意すること

マンションのダクト計画において、梁には充分注意が必要です。
マンションには構造上、梁が多く配置されていることがあり、マンションにとっては重要な役割でもあります。

この梁は、ダクトにとって大きな障害にもなります。
ダクトを最短ルートで計画する際に、どうしても梁が行く手を阻むことがあります。
この場合の解決策は、梁を「貫通する」か「回避する」の二択になります。

新築からの計画であれば「梁を貫通する」を選択する事が可能です。
しかし、それには、構造上の問題などを必ず解決してから計画を行う必要があります。

また、「梁貫通」の場合は、「構造図」に梁貫通場所を必ず表記を行います。
特に、位置や高さ、及び梁貫通の穴の大きさを、必ず記載します。

CADでは、梁貫通場所を分かりやすいように、周りより少し太い罫線で表記する方が望ましいです。
一方で、リフォームなどの工事においては「梁貫通」は難しく「回避」する方を選択することが望ましいです。

ただし、梁を回避するにも、大回りのダクトを使用して経路計画を行うは避けましょう。
梁下にダクトを通すなど、天井裏などの僅かなスペースを活用して、最短ルートで経路計画を考慮しましょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする