シートパイル・鋼矢板 2D・3Dcad


シートパイル・鋼矢板の2Dcadデータ、3Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
鋼矢板は、土止めや水止めに用いられる鋼製の矢板です。
硬い地盤への打込みが可能で、引抜きも容易で再使用可能です。
シートパイルは、クレーンと人の手で誘導しながら打ちこんでいくため、技術力が必要になります。
丸藤シートパイル、JFEスチールなどのメーカーがあります。
シートパイル・鋼矢板の2Dcadデータ、3Dcadデータが、ダウンロードできます。


また記事の後半では、建設基礎工の仕事範囲や基礎の種類についてと、事故予防のために必要な対策について説明していきます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、シートパイル・鋼矢板のCADデータを覗いてみてください。
製図の作成などに活かせるアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

シートパイル・鋼矢板 2Dcadデータ

シートパイル・鋼矢板 2Dcadデータについては、
丸藤シートパイル、株式会社 親和、ジェコス、技研製作所、などのサイトで、利用できるデータがダウンロードできます。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。

丸藤シートパイル

丸藤シートパイル
土木建築工事に関する設計と施工、建設用資材の販売とリースを行っている会社です。販売とリースを行っている建設用資材に関する企画寸法図や仕様書などを掲載しています。取り扱っている資材に関する特徴は、わかりやすく簡潔に紹介されているため必要なものを見つけやすい構成となっています。このサイトでは、シートパイル・鋼矢板などの、2Dcadデータがダウンロードできます。

株式会社 親和

株式会社 親和
鋼矢板工事、重架設工事など土木建設業の基礎工事を営んでいる会社です。シートパイル・鋼矢板、アースオーガーなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。油圧式バイブロハンマ工法、ハット形鋼矢板圧入工法、鋼矢板圧入工法の説明があります。

ジェコス

ジェコス
仮設工事の設計・施工や建設機械のリース、仮設鋼材のリース・販売などを行っている企業です。山留部材や防護構台、覆工板をどの角度からでも確認できる3Dデータが揃っています。さまざまなサイズのH型鋼のボルト継ぎ手詳細図を、PDFファイルで公開しています。このサイトでは、シートパイル・鋼矢板などの、2Dcadデータがダウンロードできます。

技研製作所

技研製作所
土木建築その他建設工事から産業機械の研究開発までを手掛ける会社です。シートパイル・鋼矢板などの規格寸法図、仕様書、カタログがダウンロードできます。サイレントパイラーの機種別適用杭材表が確認できます。データはPDFでダウンロード可能です。

シートパイル・鋼矢板 3Dcadデータ

シートパイル・鋼矢板 3Dcadデータについては、
3D Warehouse、シートパイル圧入 鋼矢板 cadデータ Google、D-PROJECT、Pinterest 3D、などのサイトで、多くの種類のデータが参考になります。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。

3D Warehouse

3D Warehouse
トラクターやソーラーパネル、ガーデニング部材、ウィンドミルなど工業機器もあります。3DCAD図面やイメージを作成するための、あらゆるデータが無料でダウンロードできます。個別のデータが大きなカラー画像で確認できるので、必要なデータが判別しやすいです。このサイトでは、シートパイル・鋼矢板などの、3Dcadデータがダウンロードできます。

シートパイル圧入 鋼矢板 cadデータ Google

シートパイル圧入 鋼矢板 cadデータ Google
シートパイル・鋼矢板の3Dcadデータが、多数掲載されています。鋼矢板工法は、施工が簡単であることが特徴です。 大がかりな設備を必要とせず、短期施工のため、工期を縮めることができます。地盤の状況に応じて鋼矢板の断面、 長さを変えられます。

D-PROJECT

D-PROJECT
人物キャラクター作成ソフトのMakeHumanで作成した、様々な人物モデルを公開しているサイトです。交通誘導員、作業員、ガードマンなどのデータが、制作過程を含め、掲載されています。人物のほか、樹木、植物、重機なども公開しており、素材がそろっています。このサイトでは、シートパイル・鋼矢板などの、3Dcadデータが揃っています。

Pinterest 3D

Pinterest
写真素材を中心にCAD用の立体イラスト、室内写真なども充実しており、SNSなどで使用することもできます。スマートフォンやタブレットPCにも対応し、素材の持ち運びなども簡単で、ダウンロードもワンクリックで行えます。CADに利用できる写真素材も豊富で、階段や石造、石膏などをはじめ国内外の建築物も充実しています。このサイトでは、シートパイル・鋼矢板などの、3Dcadデータが利用可能です。


建設基礎工事、鋼矢板CADを使ったICT技術


引き続き、建設基礎工の仕事範囲や基礎の種類についてと、事故予防のために必要な対策について説明していきます。

建設基礎工は、建築物の基礎をつくる工事業種です。
その仕事の範囲は、小規模な戸建て住宅の基礎から、大規模な橋梁の基礎までといろいろあり、使用する工法が規模と地盤状態により異なります。

基礎の種類には、浅い場所の基礎工と深い場所での基礎工があります。
浅い基礎の工法は直接基礎であり、基礎を構築する場所全体にスラブ基礎を構築するベタ基礎方式と、上部建造物の荷重を支えるフーチングで構成されるフーチング基礎方式などがあります。

一方、深い場所の基礎工法には、杭を打つ方法と鉄筋コンクリートの箱ケーソンを打ち込む方法があります。

さらに、杭には工場で製作された杭を使う方法と、現場の深さや土壌の状態に応じて調整できる杭を使う方法があります。

建設基礎工で使用される重機械をみると、工法によって多彩な重機械が運行します。

既成杭施工で使うパイルドライバー、場所打ち杭施工で使う全周回転掘削機、クローラクレーン、トレーラートラックなどがあります。

多彩な重機械が運行するため、ちょっとした不注意で大きな事故に発展する場合があります。
事故報告でたびたび報告される事故の1つが、通行人を巻き添えにすることもあるパイルドライバーの横転事故です。

こうした事故を防ぐためには、基礎工事施工計画書を実際に使う建設機械の配置・運用を考え、安全管理と施工手順を組み立てる必要があります。
そのための有効な手段の1つが、建設機械のCADデータを使い3Dで視覚的に捉えることができ、作業員にも分かり易い安全計画・施工手順です。

CADデータを使った技術には、安全管理も含めて作業効率を上げるために、基礎工事機械のCAD、3Dデータを使ったICT技術を利用した建設工事が進められています。


気に入ったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、シートパイル・鋼矢板、シートパイル圧入工法のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
シートパイル・鋼矢板、シートパイル圧入工法、CADデータのまとめサイト




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする