螺旋階段、らせん階段


螺旋階段のCADデータは探しにくいという難点がありますが、このサイトにまとめたリンク集から、簡単に見つけられるようになっています。
そこで、このページでは、螺旋階段の特徴、螺旋階段のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。


螺旋階段には、「回り階段」と「無柱螺旋階段」の2つに分類されます。
施主の好みや建造物との相性、他にも、デザインの一致によって設置されることが多いです。
特に、現代建築に多く取り入れられており、デザイン性と機能性に優れています。
その為、そのほとんどが、オリジナルの一点物です。
外部設置用の螺旋階段や、非常階段を専門に取り扱っている業者による、螺旋階段CADデータ提供以外では、既存のフリーCADデータ等は非常に少ないです。


また、記事の後半では、需要が多い螺旋階段の、CADデータの状況と、作成手順とコツについて説明して説明しています。


螺旋階段のCADデータがすぐに欲しいという方は、下記の螺旋階段CADデータのリンク集からダウンロードしてくださいね。



螺旋階段、らせん階段 CADデータ

RS階段 プラグイン

RS階段 プラグイン

階段を作成するスケッチアップのプラグインです。一般的な片持ち形状と、S造螺旋階段の二種類が作成できます。

螺旋階段 外部変形

螺旋階段 外部変形

エクセル上で設定された条件で、螺旋階段の平面図と立面図を描画する外部変形です。

らせん階段

らせん階段

らせん階段の、ステップ配置図、パターン配置図です。

Create3D Shade

Create3D Shade

Shadeの、テキストとスクショで、螺旋階段の図面を作成する方法について、紹介しています。

鉄骨階段・螺旋(らせん)階段

鉄骨階段・螺旋(らせん)階段

鉄骨階段、螺旋階段の施工例を紹介しているページです。

階段、手すり部材、階段施工図 CADデータ

Lixil トステム

Lixil トステム

アルミ階段のCADデータが、ダウンロードできます。

永大産業

永大産業

室内階段のCADデータが、ダウンロードできます。

株式会社 キプロ

株式会社 キプロ

スパイラル階段、螺旋階段、アール階段などのCADデータが、ダウンロードできます。

施工図屋の独り言

施工図屋の独り言

階段工の建築詳細図が、ダウンロードできます。

階段 cad-data.com

階段 cad-data.com

階段のフリーCADデータがあります。平面図を展開できない不思議な階段、天井収納階段の2D・3Dデータ、枠組足場の階段枠、電動階段昇降椅子の平面図・正面図・側面図、螺旋階段、階段上り下りする人物モデル図などのCADデータが揃っています。

螺旋階段 図面 Google

螺旋階段 図面 Google

螺旋階段の図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。踏み板が螺旋状に並んでいるのが螺旋階段です。階段の中で、一番省スペースで済むのが螺旋階段ですが、特殊な形であることと、スチールを使うので価格面では一番高くなります。


螺旋階段CADデータの状況と作成手順


続いて、需要が多い螺旋階段の、CADデータの状況と、作成手順とコツについて説明していきます。

1. デザインと機能性のある螺旋階段は需要が多い

狭い土地活用で建物を建築するには、螺旋階段は有効的です。
例えば、吹き抜けに螺旋階段を設置する事で、非常に開放的な空間になり、室内を広く見せる事が可能です。
また、通常の階段に比べ、設置面積も軽減できます。

螺旋階段と言えば洋風なイメージですが、最近では、和風建築に合ったデザインの螺旋階段もあります。
もともと床から屋根までの、高さのある古民家のリフォームなどに、螺旋階段は多く利用されています。

2. 少ない螺旋階段CADデータは自分で作成

螺旋階段のCADデータは少なく、見つけたとしても、データが施工図に一致しないことが多々あります。
そこで、自分で作成する事が多くなりますが、その際は、まずは絵に描き出してみる事をお勧めします。

その建物に合ったデザインのものを、ネット上で探し出して、参考にするのも良いでしょう。
デザイン性も高く、曲線の多い螺旋階段CADデータの作図では、直接、CADソフトで描き上げるには時間が掛かってしまいます。

イメージや、描いた時に気づいた事を出す為にも、一旦、紙に描き起こすことをお勧めします。
納得のいくまで描き上げたら、使用するCADソフトに応じて、図柄をスキャナーで取り込みます。
特に、精度を細かく求められる施工図でなければ、図面の尺度を変更して、寸法を入れれば完成です。

3. 螺旋階段CADデータの作成手順

CADでの描き順としては、大枠から細部に描く、もしくは、施工順に描き進めると早く描き上げる事ができます。
初めから、細部から描き進めると時間も掛かり、最終的に、螺旋階段の建物に対するサイズや位置が合わなくなります。

また、その後の修正なども考慮して、パーツ分けや順序分け、線の色分けなどして、後から自分で修正しやすい様にしておきましょう。
ディテールを求められる施工図の場合でも、使用するソフトによって円や円弧の出し方は違います。
曲線コマンド内に曲線が用意されていますので、これを駆使しての作業となります。

近年の螺旋階段導入の特徴としては、一般住宅や店舗などでは、デザイン性の強い物が好まれ、施設や工場施設では、機能性重視の物が好まれます。
螺旋階段の用途によって、CADでの螺旋階段の描き方も変わってきますので、細部に関しては、フリーハンドでの描き込みも必要になります。



◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする