クレーン付きトラック


トラッククレーンのCADデータが、ダウンロードできます。
トラッククレーンは、下部走行体に旋回サークルやアウトリガを装備し、上部にクレーン装置を架装したものです。
下部走行体には走行用運転室、上部旋回体にはクレーン操作用の運転室があります。


また、記事の後半ではラフタークレーンの特徴と走行する際の注意点などについて説明しています。

トラッククレーンのCADデータや規格寸法図が必要な際には、下記のリンク集からダウンロードし、活用してください。

トラッククレーン CADデータ

トラッククレーン CADデータでは、
加藤製作所、TADANO、日立建機日本、共成レンテム、トラッククレーン 図面 Google、などのサイトで、人気のデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータが出てまますよ。

みのり運輸

みのり運輸

建設資材等を輸送している会社です。所有している車両の情報を公開しています。ユニック車・トラッククレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。2t・3t・4t・7t・10t・15tのユニック車、2t箱車などが掲載されています。

スカイワーク京都

スカイワーク京都

高所作業車、クレーン付トラック等のレンタル・リース会社です。ユニック車・トラッククレーン、カニクレーン・ミニクレーン、フォークリフト・パレット、ダンプ・トラック、高所作業車・バケット車、立ち馬などの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

TADANO

TADANO
トラッククレーンのCADデータ、規格寸法図が、ダウンロードできます。トラッククレーン、クレーン付きトラック、移動式クレーン、ラフタークレーン、タワークレーン、ホイールクレーン、オールテレーンクレーンなどのデータを確認することができます。

CIVIL CLUB

CIVIL CLUB
クレーン車のCADデータが、ダウンロードできます。バックホウ、ブルドーザ、ユニック車、トラッククレーン、ラフタークレーン、クローラークレーン、ホイールクレーン、トレーラ、タイヤローラなどのCADデータがそろっています。

働く車

働く車
土木・建築業ための2Dcadデータが、電子納品対応SXF形式で、提供されます。ユニック車・トラッククレーン、ラフタークレーン・ホイールクレーン、クローラクレーン、ダンプ・トラック、トレーラ・セミトレーラ、タイヤローラなどの2Dcadデータが掲載されています。

移動式クレーン 図面 Google

移動式クレーン 図面 Google
移動式クレーンの図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。移動式クレーンの要件は、動力で荷をつり上げる、荷の水平運搬を目的とする、原動機を内蔵し不特定の場所に移動させられる、つり上げ荷重が0.5t以上のものになります。

ラフタークレーンは、悪路や狭路でも


それでは、ラフタークレーンの特徴と走行する際の注意点などについて解説しましょう。

ラフタークレーンは、ホイールクレーンの一種です。

ラフタークレーンは、1つのエンジンを駆動源として、走行・旋回・吊り上げなど全ての動作を行ない、走行と操縦を、1つの運転台で行うクレーンです。

ラフタークレーンは、四輪駆動、四輪操舵システムを装備しているため、悪路や狭路でも、走行・作業が可能です。

ラフタークレーンは、走行性能を高くすると、強力なブレーキの装着が必要となります。
急ブレーキの際に、ブームが地面と接触する危険が高くなるため、ほとんどのメーカーは、最高速度が50km/hまでしか出せないようにしています。

そのため、同程度の重量のトラックよりも、エンジンが小さい場合が多いです。
公道(特に上り坂)を走行すると、後方車線の渋滞の原因となりやすいです。

大型のものは、全長(12mまで)や全幅(2.5mまで)、重量(20tまで)を超えるため、公道の走行には、道路管理者の、特殊車両通行許可が必要となります。
法定最低速度が定められている、高速自動車国道及び、一部の自動車専用道路では、最低速度を下回るため走行ができません。

一部の大型車種については、前後に誘導車を付けて、夜間にしか走行できなかったりします。

◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする