クレーン付きトラック


トラッククレーンの、CADデータ掲載サイトの紹介です。
トラッククレーンは、下部走行体に旋回サークルやアウトリガを装備し、上部にクレーン装置を架装したものです。
下部走行体には走行用運転室、上部旋回体にはクレーン操作用の運転室があります。
トラッククレーンのCADデータが、ダウンロードできます。


また、記事の後半では、ユニック車・トラッククレーンのCADデータの活用法を紹介しています。

トラッククレーンのCADデータや規格寸法図が必要な際には、下記のリンク集からダウンロードし、活用してください。

トラッククレーン CADデータ

トラッククレーン CADデータでは、
みのり運輸、スカイワーク京都、TADANO、CIVIL CLUB、働く車、トラッククレーン 図面 Google、などのサイトで、人気のデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータが出てまますよ。

みのり運輸

みのり運輸
建設資材等を輸送している会社です。所有している車両の情報を公開しています。ユニック車・トラッククレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。2t・3t・4t・7t・10t・15tのユニック車、2t箱車などが掲載されています。

スカイワーク京都

スカイワーク京都
クレーン付トラックや高所作業車などのリース・レンタルを行っている企業です。取り扱っているトラック式高所作業車は、主要諸元表や車両寸法図以外に、作業範囲図を公開しています。クレーン付トラックや自走式高所作業車などの主要諸元と車両寸法図も公開しています。このサイトでは、トラッククレーンなどの、CADデータがダウンロードできます。

TADANO

TADANO
建築用のクレーンや重機などの販売サイトです。車種別のコンテンツ、サポートシステム、データ提供なども行っており、製品の情報を詳細に知ることができます。重機の中でも点検車、作業者に特化しており、クレーンも細部に分けられています。このサイトでは、トラッククレーンなどの、CADデータがあります。

CIVIL CLUB

CIVIL CLUB
重機、道路、排水などの工事関係から家具や照明など、多くの3DCADデータを公開しています。出来形管理基準値のPDFデータを河川、土木、砂防など数種類に分けて公開しています。あらゆる作業船やバックホー、ダンプ、ブルドーザーのCADデータをダウンロードすることができます。このサイトでは、トラッククレーンなどの、CADデータが揃っています。

働く車

働く車
著作権フリーのSXFファイルCADデータを無料ダウンロードできるウェブページです。ラフタークレーンやオルターなどクレーンは7トンから150トンまで揃っています。ダンプやトレーラー、アジテーターなどトラックは、10トンと25トンの容量から選べます。このサイトでは、トラッククレーンなどの、CADデータが揃っています。

移動式クレーン 図面 Google

移動式クレーン 図面 Google
移動式クレーンの図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。移動式クレーンの要件は、動力で荷をつり上げる、荷の水平運搬を目的とする、原動機を内蔵し不特定の場所に移動させられる、つり上げ荷重が0.5t以上のものになります。

ユニック車・トラッククレーンのCADデータを活用すると実務が変わる

確実な現場作業と安全確保は事前計画が重要です

建物を建設するためには、多くの材料を搬入する必要があります。
重量が大きな材料の搬入は、人力で行うには限界があり、場合によってはユニックやトラッククレーンなどを利用した重機揚重が必要です。

重量のある材料は、横移動にも大きな労力が必要となるため、適切な位置へ荷下ろしを行うことが目的となります。

そのため、現場敷地内に配置できるボディーサイズで、かつ、適切な場所へ確実に届く車種を手配する必要があるのです。

また、揚重作業には危険が伴うため、荷受け人とオペレーター、玉掛、ガードマンとの連携が重要となります。

ユニック車・トラッククレーンのCADデータを活用し、事前に配置計画を行うことが確実な荷下ろし作業と安全性の確保につながります。


それでは、ユニック車・トラッククレーンのCADデータのいろいろな活用法を紹介しましょう。

ユニック車のCADデータを活用した施工計画書の作成

建築工事において、施工計画書はあらゆる場面で必要となりますが、材料の搬入計画は非常に重要です。
万が一不備があった場合は、コストの無駄となり、また、その材料を使用する工事はストップするため、工期の遅れにつながることもあります。

材料搬入は、施工計画の一環として、重要な役割を担います。
正確なCADデータを活用することで、適正な施工計画書を作成することができ、視覚的に捉えることで関係者の理解が深まります。

トラッククレーンのCADデータを活用した車両や人員の配置

ユニック車・トラッククレーンなど、運搬車両のCADデータを配置図に挿入することで、現場敷地内に適切に配置できるのかということがわかります。

ボディーサイズだけでなく、アウトリガーを出した状態での判断も可能で、より実践に則った計画が可能です。

さらに、ガードマンやバリケードなどを配置すれば、安全を配慮した施工計画ができます。

ユニック車のCADデータを活用した機種の比較検討

立面図に対し、ブームの長さと作業半径を表したトラッククレーンなどのCADデータを挿入することで、建物内における、すべての範囲を網羅することができる大きさの車種を特定することができます。

また、ブームが安全に旋回できる足場の計画や、周囲の障害物などの確認も必要です。

トラッククレーンのCADデータを活用した進入可否の確認

ユニック車・トラッククレーンのCADデータは、車両の旋回軌跡を作成できます。

道路図をもとにした、経路の幅員や曲線などの条件から、使用する大きさの車両による進入の可否が確認できます。

進入経路が限定される場合は、ルート指定をした計画書を作成します。
あらかじめ通知しておくことで無駄を省き、近隣トラブルなどを防止することもできます。

まとめ/ユニック車・トラッククレーンのCADデータの活用

ユニック車・トラッククレーンのCADデータという、正確な根拠をもとに施工計画書を作成することができます。

材料搬入計画における効率を高め、安全で、見た目にもわかりやすいため、関係者によって共有することで、円滑な工事につなげることができるでしょう。




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする