トラッククレーン メーカー図


このダウンロードサイトでは、ユニック車・トラッククレーンのCADデータがたくさん用意されています。
目的の会社からも、数多くのデータ資料を探すことができます。


トラッククレーンは、クレーンブーム付のトラックのことで、ユニック車はその通称です。

荷台や制御部を、運転席と別に持つユニック、荷台がなくトラックにクレーンを組み込んだ汎用クレーンなどの種類があります。

持ち上げられる荷物の重さや、走行速度の制限、車体自体の大きさなど、種類は多岐に渡り、操縦に必要な免許や、技能講習の受講も必須です。

総重量5トン以上の車体を走行するためには、普通運転免許に加え、中型や大型の免許を持っていなければなりません。

現在の主流となっているのは、高速道路の走行も可能な、トラック車ベースのトラッククレーンや、小型で小回りも利く、2トントラックサイズのトラッククレーンと言われています。


また、記事の後半では、ユニック車・トラッククレーンのCADデータ・CAD図面の実用性について解説しています。


まずは、このページのダウンロードサイトのリンク集から、ユニック車・トラッククレーンのCADデータをチェックしてみましょう。
建設会社のホームページや、CADデータをまとめているウェブサイトからお探しのデータが見つかるかもしれません。


ユニック車・トラッククレーン 規格寸法図

加藤製作所

加藤製作所

産業機械、荷役機械、建設機械メーカーのサイトです。ユニック車・トラッククレーン、ラフタークレーン・ホイールクレーン、タワークレーン・オールテレーン、バックホウ、ラフタークレーン、タワークレーンなどの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

TADANO

TADANO

建設用クレーン、車両搭載型クレーン及び高所作業車等の製造販売会社です。ユニック車・トラッククレーン、ラホイールクレーン、オールテレーン、高所作業車・バケット車、橋梁点検車・トンネル点検車などの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

イマギイレ

イマギイレ

建設機械器具などのレンタル・販売・修理を手掛ける会社です。ユニック車・トラッククレーン、クローラクレーン、カニクレーン・ミニクレーン、バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメント、ブルドーザーなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

サコス

サコス

機械・機器のレンタル、リース、輸出入、販売を営んでいる会社です。ユニック車・トラッククレーン、クローラクレーン、カニクレーン・ミニクレーン、バックホウ、ホイールローダ、コンクリートホッパーなどの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

レント

レント

産業車両・一般乗用車・産業用機械器具・建設用機械器具の総合レンタル会社です。ユニック車・トラッククレーン、カニクレーン・ミニクレーン、タワークレーン・オールテレーン、油圧ショベル、ブルドーザーなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

ユニック車 図面cadデータ Google

ユニック車 図面cadデータ Google

ユニック車・トラッククレーンのCADデータが、多数紹介されています。市販のトラックにクレーンを架装させたトラックのことをトラッククレーンといいます。トラックシャシと運転席、クレーンブームおよび制御部、荷台を持つものと、シャシと運転席、クレーンブーム・運転台および旋回部を持ち荷台を持たないものに分類されます。


目的のCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを参考にしてください。
次のサイトでは、ユニック車・トラッククレーンのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ユニック車・トラッククレーン、CADデータのまとめサイト

ユニック車・トラッククレーンのCADデータ・図面の実用性を検証


ここでは、ユニック車・トラッククレーンのCADデータ・CAD図面の実用性について解説します。

1. ユニック車・トラッククレーンのCADデータの探し方に注目

ユニック車やトラッククレーンのCADデータが必要な場合、多くは、メーカーの公式ホームページにてデータが公開されています。

実際に使われている、ユニック車やトラッククレーンが明らかな場合は、探してみましょう。
無料でダウンロードできるデータも多く、ファイルの種類も、JPEGファイルやDXFファイルなどがあるので、すぐにCAD図面に挿入できるでしょう。

建設会社のホームページや、CADデータをまとめているウェブサイトでも、必要なデータが見つかりますので、探してみてください。

2. ユニック車・トラッククレーンのCAD図面、現場での実用性

ユニック車やトラッククレーンを使用する現場の様子を、しっかりと把握した上で、図面上に反映させることが、最も重要です。
というのも、これらには、ブームと呼ばれる伸びる部材が装着されており、可動範囲が広範囲に及ぶため、前後左右だけでなく上下にも配慮が必要になります。

住宅建設現場であれば、周囲に電線が巡っており、トラッククレーンのブームで、電線や高圧線に触れる、切断する、といった可能性もあるでしょう。

また、商業施設やビルなど大規模な工事であれば、そういった周囲への配慮を怠ると、支障や事故もより大規模です。

実際にブームを操縦する作業員事態も、配置場所や可動域などを把握し、安全性に配慮する必要があり、図面を使った確認も有効です。

トラッククレーンを用いる工程において、図面を作成・修正するのは、設計担当より現場施工監督者になるケースが多いかもしれません。

しかし、CADを使う者であれば全員、現場に出向き周囲の状況をよく把握した上で、図面に反映させ作図すべきです。

そうした能力やスキルが、CADエンジニアに求められていることを念頭において、現場施工に役立つ、実用性の高いCAD図面を作成していきましょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする