建築ブロック、点字ブロック


建築ブロック、点字ブロックのCADフリーデータです。
建築ブロック、コンクリートブロック、点字ブロック、視覚障害者誘導用ブロックなどのブロックCADデータが、ダウンロードできます。


また記事の後半では、建築ブロックの使用場所や注意点、その他のブロックの分類について説明していきます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、建築ブロックや点字ブロックのCADデータをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。

建築ブロック、コンクリートブロック CADデータ

建築ブロック、コンクリートブロック CADデータでは、国策ブロック、佐々木ブロック、全国建築コンクリートブロック工業会、Construction Data、建築ブロック 図面 Google、などのサイトで、利用できるデータがダウンロードできます。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。

国策ブロック

国策ブロック
建築ブロックのCADデータが、ダウンロードできます。

佐々木ブロック

佐々木ブロック
建築ブロックの形状、規格寸法、重量表があります。

全国建築コンクリートブロック工業会

全国建築コンクリートブロック工業会
「あんしんなブロック塀をつくるためのガイドブック」が、参考になります。

Construction Data

Construction Data
「補強コンクリートブロック塀の設計・施工」が、参考になります。

建築ブロック 図面 Google

建築ブロック 図面 Google
建築ブロックの図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。建築用コンクリートブロックの規格は、A種・B種・C種の3つの規格に分類され、それぞれ用途や気乾比重、圧縮強さ、容積吸水率、強度が異なります。

点字ブロック、視覚障害者誘導用ブロック CADデータ

点字ブロック、視覚障害者誘導用ブロック CADデータについては、東京都コンクリート製品協同組合、草竹コンクリート工業、点字ブロック cad-data.com、点字ブロック 図面 Google、日本興業、などのサイトで、お探しのデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータが出てまますよ。

東京都コンクリート製品協同組合

東京都コンクリート製品協同組合
視覚障害者用誘導用ブロックのCADデータが、ダウンロードできます。

草竹コンクリート工業

草竹コンクリート工業
視覚障害者誘導用ブロックのCADデータが、ダウンロードできます。

点字ブロック cad-data.com

点字ブロック cad-data.com
点字ブロックのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。点状の点字ブロック、線状の点字ブロックのCADデータが、dwg形式で提供されます。点状ブロックは、警告ブロックと呼ばれ、危険箇所や誘導対象施設等の位置を示すブロックです。

点字ブロック 図面 Google

点字ブロック 図面 Google
点字ブロックの図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。誘導ブロックは、視覚障害者がブロックの突起を足裏・白杖で確認しながら、突起の方向にしたがって進むことができるように設置されます。

日本興業

日本興業
視覚障害者誘導用ブロックの規格寸法表があります。

建築ブロック、点字ブロックとは、なに?


引き続き、建築ブロックの使用場所や注意点、その他のブロックの分類について説明していきます。

建築ブロックは、建築資材として使用されるコンクリートブロックです。
並べる、積み上げることで組石造の材料として利用します。

ブロックには垂直方向に穴があり、ここに鉄筋を通すかモルタルを充填させることで強度を上げることができます。

建築ブロックは、主にブロック塀や建物の壁、物置などの基礎、ガスボンベやクーラー室外機の台、ガーデニングなどに使用されます。
気乾比重や圧縮の強さ、容積吸水率、強度により、JIS規格でA種、B種、C種に分けられ、コンクリート塀などの築造には最も強度が高いC種しか使えません。

点字ブロックは、JIS規格で定められた視覚障碍者誘導用ブロックを指します。
一般には床面ブロックをいい、誘導ブロックと警告ブロックの2種類に分類されます。

誘導ブロックは、縦線状に突起があるもので、路上や駅のホーム、施設内などで、移動方向を示す目的があります。
白杖の先や靴底で線状の突起を感じさせ、移動方向を知らせます。

警告ブロックは、点状の突起が全面に施されたもので、危険性がある場所や、誘導すべき目的の場所を示すものです。
点状突起の配列は並列で、ブロックの大きさは30cm四方以上、突起の数は5x5以上となっています。

◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする