ミキサー車・mixer 2D・3Dcad


ミキサー車・アジテータ車・生コン車の2Dcadデータ、3Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
ミキサー車は、荷台部分にミキシング・ドラムを備え、走行中も撹拌しながら輸送することでコンクリートの分離を防ぎます。
シャシ製造業者はエンジンなど自動車部分を製造し、架装業者はドラムなどミキサーの部分を製造します。
架装業者には、極東開発工業などがあります。
ミキサー車・アジテータ車・生コン車の2Dcadデータ、3Dcadデータが、ダウンロードできます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、ミキサー車などのCADデータを覗いてみましょう。
ご希望のCADデータを資料作成などにお役立てください。

ミキサー車・アジテータ車・生コン車 2Dcadデータ

ミキサー車・アジテータ車・生コン車 2Dcadデータでは、
現場代理人な日々、DWG models、pixabay、ミキサー車 concrete-mixer 図面 Google、などのサイトで、使い勝手がいいデータが揃っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

現場代理人な日々

現場代理人な日々
タイヤ式建設機械をオートシェイプで作成し2DのCADデータとして公開しているサイトです。公開しているタイヤ式建設機械の種類は、トレーラやセミトレーラをはじめ、クローラダンプ、キャリアダンプ、ミキサー車、散水車など多彩にあります。カラーのイラストで描かれたタイヤ式建設機械を選ぶことですぐにダウンロードが開始されます。このサイトでは、ミキサー車・アジテータ車・生コン車などの、2Dcadデータが揃っています。

DWG models

DWG models
Auto CAD用2Dのdwgファイルがダウンロードできるサイトです。一部有料のものもありますが、多くが無料で利用できます。家具や浴室、照明といった建築・インテリア関係のデータが充実しています。教会やホテル、レストラン、スタジアムなど、さまざま施設の設計に活用できるデータもあります。このサイトでは、ミキサー車・アジテータ車・生コン車などの、2Dcadデータが利用可能です。

pixabay

pixabay
160万枚以上の画像や動画を無料でダウンロードできるサイトです。画像は写真やベクターアート、イラストなどが揃っています。閲覧・ダウンロードのための会員登録は不要。商用利用も無料で、帰属表示を入れる必要もありません。会員登録なしでダウンロードをすると、その都度画像認証画面が出てきますが、無料の会員登録をすると表示されません。このサイトでは、ミキサー車・アジテータ車・生コン車などの、2Dcadデータが紹介されています。

ミキサー車 concrete-mixer 図面 Google

ミキサー車 concrete-mixer 図面 Google
ミキサー車・アジテータ車・生コン車のCADデータが、多数紹介されています。ミキサー車は、自動車メーカーが製造したシャシに、架装業者がミキサーの装置部分を架装しています。シャシ製造業者はエンジンなど自動車部分を製造し、架装業者はドラムなどミキサーの部分を製造します。架装業者として、極東開発工業、新明和工業などがあります。

ミキサー車・アジテータ車・生コン車 3Dcadデータ

ミキサー車・アジテータ車・生コン車 3Dcadデータについては、
3D Warehouse、ミキサー車 3Dデータ Google、123RF、などのサイトで、お探しのデータがダウンロードできます。
まずはフリーデータで試してみて、不満があるなら、有料データを購入してみてはいかがですか。

3D Warehouse

3D Warehouse
3DWarehouseは、動物・住宅・インテリア・家電・植物などの3Dモデルを公開。3DWarehouseの3Dモデルは、ダウンロードが無料で自由に加工ができます。3DWarehouseは、SketchUpのユーザーを増やすために作られたプラットフォームです。このサイトでは、ミキサー車・アジテータ車・生コン車などの、3Dcadデータが利用可能です。

ミキサー車 3Dデータ Google

ミキサー車 3Dデータ Google
ミキサー車・アジテータ車・生コン車の3Dcadデータが、多数掲載されています。ミキサー車は、ドラム、ホッパ、フローガイド、シュート、水タンク、汚水受け装置の装置で構成されています。これらの装置で、生コンクリートの積載と移動中の撹拌をし、生コンクリートを目的の荷降し位置へ導き、さらに荷下ろし後は各部を洗浄することができます。

123RF

123RF
ロイヤリティフリーのイメージや3Dモデル1億点以上を公開しているるサイトです。有料プランに登録することで、必要なサイズのデータをダウンロードすることができます。ダウンロード数が一定のプランと、月額課金で無制限ダウンロードが可能なプランが選べます。このサイトでは、ミキサー車・アジテータ車・生コン車などの、3Dcadデータが揃っています。


お望みのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから収集してください。
次のサイトでは、ミキサー車・アジテータ車・生コン車のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ミキサー車・アジテータ車・生コン車、CADデータのまとめサイト


ミキサー車のCADデータを使用し、効率的な運用を


ミキサー車のCADデータに求められるもの

アジテータ車や生コン車などとも呼ばれるミキサー車のCADデータは、侵入経路などの動線計画やプレゼンなどに使用できます。
中でも、動線確認にCADデータがあると、とても便利で確実な運用が可能です。

例えば、積載量2tほどの小型ミキサー車の全幅寸法は約170cmなので、だいたい小型乗用車くらいの大きさです。
そして、10tミキサー車だと249cmとなり、3ナンバーの普通乗用車程度になります。

しかし、大事なのは全幅だけではなく、長さや高さも問題となっていきます。
特に、曲がり角でも切り返しのないL字路やカーブ、橋や道路の下を通る場合も考慮しなければなりません。

そこで今回は、この搬入シュミレーションにCADを使うことについて解説をしていきます。


動線確認の2つの方法

ミキサー車を搬入させるためには、まず、道路標識や積載量などの確認が必要なことはご存知かと思います。
その次に必要なのが、寸法の確認です。

ひと昔前は、実際の道路を歩いてみて、普通乗用車2台が余裕ですれ違えるのか、道が湾曲をしていないかなどをひとつひとつ確認していくことが確実な方法でした。
今でも個人宅に大きなものを搬入する場合などは、この方法でも充分かもしれません。

しかし、現代には、CADという便利なソフトが存在します。
寸法確認のときに、使用するタイプのミキサー車のCADデータがあれば、CAD上でシュミレーションをすることができるため、とても便利で確実な方法といえるのです。


動線確認の注意点

事前に検討をしたのに実際は通れなかったという場合、ありがちなミスがあります。
それは、道路幅をしっかりと確認し、ミキサー車の寸法も間違いなかったのに、実際走れる幅はもっと少なかったという場合です。

ようは、歩道や自転車用の幅を考えていなかったということです。
道路幅と走行可能な道路幅が同じとは限らないため、ここはしっかり確認をしましょう。

万一、工事が始まってから通れなかった場合は、2tミキサー車や軽トラなど寸法と積載量が小さい車で対応することになってしまいます。


CADの普及により働き方も大きく変わる

上記のような歩道がある場合や、切り返しのないL字路やカーブなど目視では判り難い道路でも、CADでシュミレーションをすることが可能です。

この動線確認が正確にできなければ、工事は期日通りには終わりません。
逆に言えば、CADでシュミレーションをしっかり行えば、期日通りに終わる可能性が高くなります。
CADを普及させていくことで、効率が良くなり、働き方も変わっていくことでしょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする