フォークリフト メーカー図


工場施工図の作成には、フォークリフトCADデータが必須になります。
種類が多くあるフォークリフトCADデータは、このページからダウンロードできます。


工場関連の施工図を作図する際に、フォークリフトCADデータを図面に落とし込む事によって、物品の動線を視覚的に想像できて、把握しやすくなります。
その為に必要なCADデータではありますが、以外と探しにくいという欠点があります。

ネット上に公開されている数も少ないので、データが古かったりすると、サイズ的に違和感のある図面や、施設の大きさや動線の解りづらい図面になってしまいます。


このページの記事の後半では、工場や倉庫などの施工図に必要な、フォークリフトCADデータの探し方をご紹介しています。


フォークリフトのCADデータをすぐに入手したい場合は、下記のフォークリフトCADデータリンク集からダウンロードしてください。



フォークリフト・パレット 規格寸法図

コマツリフト

コマツリフト
フォークリフトの販売・レンタル会社です。フォークリフト・パレットなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。掲載データは、エンジン式フォークリフト、バッテリー式フォークリフト、リーチフォークリフト、アタッチメント、物流機器などに分類されています。

リョーキ

リョーキ
建設機械や測量機のレンタルや、環境機器の設計と施工、保守メンテナンスを行う会社です。商品ラインナップが非常に多く、大型建設機器からDIY用品まで多種多様なものが入手できます。各商品の詳細はPDF形式になっており、写真や表、2DCAD図面が多く情報収集しやすいです。このサイトでは、フォークリフト・パレットなどの、規格寸法図が利用可能です。

上田技研

上田技研
土木機械や建設重機、農業機械などのレンタルリースや販売を行っている企業です。国家整備士が在籍しているため、自動車の車検や建設機械の修理などメンテナンス対応が可能です。油圧ショベルやブルドーザー、ホイールローダ、トラクターなどさまざまな商品を取り扱っています。このサイトでは、フォークリフト・パレットなどの、規格寸法図が揃っています。

サコス

サコス
機械・機器のレンタル、リース、輸出入、販売を主に行っている会社です。レンタカーは主にダンプ、冷蔵車、トラック、アルミ箱バン、クレーン付きトラック、散水車があります。事務所用の備品レンタルも行っており、事務所の大きさ・人数などでレンタル品の相談が可能です。このサイトでは、フォークリフト・パレットなどの、規格寸法図が揃っています。

千代田機電

千代田機電
建設機械・土木機械などのレンタル、整備・販売、工事などを取り扱っている会社です。フォークリフト、カニクレーン、クローラクレーン、バックホウ、クラムシェルなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。荷役機械などのPDFデータをクリックすると、写真入りの仕様書になっています。このサイトでは、フォークリフト・パレットなどの、規格寸法図が掲載されています。

フォークリフト 図面cadデータ Google

フォークリフト 図面cadデータ Google
フォークリフト・パレットのCADデータが、多数紹介されています。フォークリフトは、動力を用いてフォークなどを昇降させるマストを備えた荷役運搬機械です。車体高さよりも高い場所の荷物も扱えます。ガソリン、ディーゼル、LPGガスなどで動く内燃機関式フォークリフトと、バッテリーで動く蓄電池式フォークリフトがあります。


必要なCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを探してみてください。
次のサイトでは、フォークリフト・パレットのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
フォークリフト・パレット、CADデータのまとめサイト

工場や倉庫の施工図に必要なフォークリフトCADの探し方


それでは、工場や倉庫などの施工図に必要な、フォークリフトCADデータの探し方について解説しましょう。

1. 現場に合ったフォークリフトのCADデータの落とし込み方

フォークリフトには種類が多く、なかなか希望のフォークリフトCADデータが見つからないことがあります。
現場の施設や、工場に応じたフォークリフトCADデータがなければ、施工する施設でのフォークリフト使用が、屋内なのか、屋外なのか解りません。

2. フォークリフトのCADテータは、2種類に分けて選ぶとよい

フォークリフトには、「エンジン式」と「バッテリー式」の2種類に分けられます。
メーカーによって、それぞれ特徴があり、エンジン式に力を入れて勧めているメーカーもあれば、バッテリー式に力を入れているメーカーもあります。

CADデータを提供しているメーカーの、得意とするフォークリフトを選ぶことです。
そうすれば、施工する建物や設備に対応した、フォークリフトのCADデータを見つける事ができます。

フリー提供のCADサイトでも、それぞれのフォークリフトのCADデータはあります。
しかし、規格やサイズといったものがバラバラであり、施工図の仕様に合ったものを探すのは難しいでしょう。

一旦ダウンロードして、寸法やサイズを変更したりする作業が必要となってきます。
その場合、メーカー提供に比べて、種類も多く、3DCADデータも数多く存在しますので、図面の用途に合わせて幅広く活用することが可能です。

3. メーカーのCADデータに加え、重機レンタル会社がおススメ

フォークリフトCADデータを探す時に見落とされがちなのが、重機関係を主として、レンタル事業を行っている業者のサイトです。

業者が取り扱っている、車両等の無償提供のCADデータも当然揃っております。
加えて、各重機メーカーのCADデータの説明や、CADデータ提供メーカーのリンクも貼ってあります。

フォークリフトCADデータを検索する際には、最初に検索してみると、その後もスムーズに検索を進める事ができます。

図面作成時の、施工施設に合ったフォークリフトCADの選び方についてです。
エンジン式を使用するのかバッテリー式を使うのかによって、施設内の排気の問題などで施工自体が変更する事もあります。

そのため、施設や用途によって適切なフォークリフトCADを選定し、施工図面に落とし込む必要があります。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする