ダンプ・トラック 2D・3Dcad


ダンプ・トラックの2Dcadデータ、3Dcadデータ、掲載サイトの紹介です。
ダンプトラックは、ダンプともいい、主に土砂や産業廃棄物などを運搬するトラックのことです。
荷台を油圧シリンダの伸長する動作で傾けて、土砂を一気に排出する構造になっています。
新明和工業、極東開発工業などが荷台および装置を製造しています。
ダンプ・トラックの2Dcadデータ、3Dcadデータが、ダウンロードできます。


また記事の後半では、ダンプトラックの特徴と種類について説明していきます。

まずは下記のリンク集から、ダンプ・トラックの2Dcadデータ、3Dcadデータをチェックしてみてください。
新しいアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

ダンプ・トラック 2Dcadデータ

ダンプ・トラック 2Dcadデータ では、
トラスト、Grab CAD、arch web、トラック cad-data.com、などのサイトで、質の高いデータが紹介されています。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。

トラスト

トラスト
建築用イラストやCAD図面向けの素材データをダウンロードできるフリーサイトです。バックホウ、ブルドーザー、タイヤショベル、トラック、ダンプ、タイヤローラーなどを揃えています。境界ブロック、足場材、現場用安全フェンスやバリケード、警備員などのデータもあります。このサイトでは、ダンプ・トラックなどの、2Dcadデータが掲載されています。

Grab CAD

Grab CAD
フリー3D CADのデータを、数多く公開しているサイトです。様々なデータが揃っており、プロフェッショナルな3D印刷が簡単に使えます。STLファイルを変換して、修正する時間を無駄にせず、CADファイルを直接印刷できます。このサイトでは、ダンプ・トラックなどの、2Dcadデータがダウンロードできます。

arch web

arch web
イタリアの庭園、公共施設、住居、その他インテリアの見取り図が掲載されているサイトです。庭や建物の見取り図、その他ユーティリティの2D・3D図をダウンロードすることができます。テーブル、樹木、図書館のフェンスなど、お洒落なデザインの見取り図がたくさん掲載されています。このサイトでは、ダンプ・トラックなどの、2Dcadデータがダウンロードできます。

トラック cad-data.com

トラック cad-data.com
トラック フリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。搬入計画や道路使用許可等の形態図用に使用できます。荷台長・運転席車体・運転席ガードの長さを考慮したトラック、標準・ロング・Wキャブ・ワイドロング・セミロングのトラック、4t平ボディのトラック、トラックラダーの3Dデータ、10t・15tトラックの軌跡図などのデータがあります。

ダンプ・トラック 3Dcadデータ

ダンプ・トラック 3Dcadデータについては、
3D CAD BROWSER、CadNav、archive3D、ダンプカー トラック 3D Google、などのサイトで、お探しのデータがダウンロードできます。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

3D CAD BROWSER

3D CAD BROWSER
高品質なポリゴンメッシュ3Dモデルをダウンロードしたり、自作の3Dモデルをアップしたりする会員制交流サイトです。約2万の3Dモデルがアップされており、そのうち無料の素材は800ほどあります。ダウンロードをするには、会員登録をする必要があります。無料アカウントを作成すると、無料の素材をダウンロードすることができます。このサイトでは、ダンプ・トラックなどの、3Dcadデータが揃っています。

CadNav

CadNav
CadNavサイトには、3DモデルやCADモデルが50,000以上掲載されています。3DモデルやCADモデル以外に、Vray素材やテクスチャ、CAD図面などを無料でダウンロードすることができます。Auto desk 3DS MAXやBlender、Cinema 4Dなどのソフトウェアで使用できます。このサイトでは、ダンプ・トラックなどの、3Dcadデータが紹介されています。

archive3D

archive3D
archive3Dは、著作権がない3Dモデルがダウンロードできるサイトです。archive3Dでは、会員登録をせずに30,000個以上のフリー素材がもらえます。インテリアコーディネーター向けのソファー・テーブル・イスなどの3Dモデルがダウンロードできます。このサイトでは、ダンプ・トラックなどの、3Dcadデータが利用可能です。

ダンプカー トラック 3D Google

ダンプカー トラック 3D Google
ダンプ・トラックの3Dcadデータが、多数掲載されています。街中で一般的に見かけるものを普通ダンプトラックといい、一般公道を走行することを前提として作られています。トラックのシャシに荷台を架装しています。重ダンプトラックは公道は走らず、大規模土木工事現場内や鉱山などの作業用に用いられ、オフロードダンプとも呼ばれます。

ダンプトラックの特徴と種類


引き続き、ダンプトラックの特徴と種類について説明していきます。

ダンプトラックとは、主に舗装材料である土砂や砕石などの建設資材や産業廃棄物などを運搬するために用いられます。

ダンプトラックは、荷台に乗っている荷物を一度に下ろせるように、油圧シリンダーで荷台が傾くようになっています。

産業廃棄物は、土砂に比べて、重量が軽いが、かさばるものが多いため、産業廃棄物用のダンプトラックは、荷台が深くなっています。
この荷台が深くなったダンプトラックに土砂を積んでしまうと積載荷重をオーバーしてしまう恐れがあるため、土砂等運搬禁止とされており、土砂禁ダンプと呼ばれています。

積載荷重による違いもありますが、ダンプトラックの一番の特徴である荷台の構造によっていくつか種類があります。

通常のダンプトラックは、荷台の前方が持ちあげ荷物を後ろに下ろせるようになっており、これをリヤダンプといいます。

このほかに、荷台を左右に傾け、ダンプトラックの側面に荷物を下ろすことができるサイドダンプや、後ろにも側面にも荷物を下ろすことができる三転ダンプや、高いところに荷物を下ろすことができるリフトダンプなどがあります。


お探しのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを参考にしてください。
次のサイトでは、ダンプ・トラックのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ダンプ・トラック、CADデータのまとめサイト




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする