スケッチアップ、SketchUp


スケッチアップ、SketchUpのCADフリーデータです。
SketchUpで作成した3Dギャラリー、スケッチアップのレンダリング、建築設計の実務に使えるスケッチアップの活用法や使い方、suketchupとCGを採り入れたデザインなどを、紹介しているページです。


さらに、記事の後半では、SketchUpの特徴やソフトとしての使いやすさと強みなどについて説明していますので、是非活用してください。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、スケッチアップやSketchUpのCADデータを覗いてみてください。
建築設計に活用できるアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

スケッチアップ、SketchUp CADデータ

スケッチアップ、SketchUp CADデータについては、3D ギャラリー、SketchUp レンダリング、KENKI、3D PEOPLE、などのサイトで、評判のデータがダウンロードできます。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。

3D ギャラリー

3D ギャラリー
SketchUpで作成した、3Dギャラリーのページです。SketchUpモデラーが作成した3Dモデルが数多く掲載されています。モデルの共有にはGoogleアカウントでのサインインが必要です。ダウンロードしたファイルはSketchUpファイルとして保存されます。

SketchUp レンダリング

SketchUp レンダリング
スケッチアップのレンダリングプラグインを紹介しているページです。動作はスケッチアップ内で完結し、簡単操作でフォトリアリスティックなレンダリングが実現できます。シンプルなので、短期間での習得が可能です。トライアル版のダウンロードができます。

KENKI

KENKI
SketchUpで作成した、3D建設機械のコレクションを掲載しているページです。Googleアカウントでのサインインすれば、データのダウンロードが可能です。油圧ショベル、ブルドーザー、生コン車、クレーン車、ダンプトラックなどのデータが掲載されています。

3D PEOPLE

3D PEOPLE
SketchUpで作成した、3D人物モデルのコレクションのページです。男性、女性、子供、親子などのモデルがあります。スポーツ、ベンチに座る、ダンスを踊る、自転車に乗る、ビジネスシーンなど、シチュエーションも様々です。ダウンロードにはGoogleアカウントが必要です。

スケッチアップ、SketchUp CADデータ その2

スケッチアップ、SketchUp CADデータ その2では、スケッチアップ cad-data.com、スケッチアップ 図面 Google、スケッチアップ作品集、SketchUp Effect、KOBAYASHI ARCHITECTS STUDIO、などのサイトで、高品質のデータが参考になります。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

スケッチアップ cad-data.com

スケッチアップ cad-data.com
スケッチアップのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。スケッチアップの男性・女性のシルエット、スケッチアップの添景に利用できる人のコンポーネント、sketchupで使用する添景データ、受付嬢などのCADデータが揃っています。

スケッチアップ 図面 Google

スケッチアップ 図面 Google
スケッチアップの図面、写真、イラストが、見れます。SketchUp は、3Dモデルを作成、編集、共有する為のツールです。プッシュ/プル・クリック・移動など、簡単なコマンド操作になっています。SketchUp の代名詞であるPush/Pullで、3次元が簡単になります。

スケッチアップ作品集

スケッチアップ作品集
SketchUp で作成した、作品集のページです。店舗設計の際に作成したものをムービーで公開しています。別サイトで自作パーツを公開しているほか、スケッチアップの練習のための、初心者用マニュアルもあり、基本操作を、二階建て住宅モデルを作成しながら解説しています。

SketchUp Effect

SketchUp Effect
建築設計の実務にSketchUpを導入した効果や、実際の利用例、将来性について紹介しているページです。施工図から3Dモデルを作成してチェック、地理院地図3Dによる日本地図モデル、環境系シミュレーション、パラメトリックモデリングなどの実例が見られます。

KOBAYASHI ARCHITECTS STUDIO

KOBAYASHI ARCHITECTS STUDIO
SketchUpと模型でプレゼンをされている、住宅メインの建築設計事務所さんのサイトです。計画案のカテゴリに、実際にプレゼンにあたり作成した外観、内観パースの3Dモデルが多く紹介されています。ホームページにも3Dモデルがいくつか掲載されています。

SketchUpは、建築系、等高線図に強い


この項では、SketchUpの特徴やソフトとしての使いやすさと強みについて説明していきます。

SketchUpは、建築系に強い3Dモデリングソフトです。

現在の開発発売元はTrimble社ですが、その前はGoogleがライセンス権を有していました。

Googleが所有していたときは、無料で公開されていましたが、Trimbleに所有が移ってからは、SketchUp Proとして有料版として配布されています。

2017年までは、SketchUp Makeとして機能限定した無料版も同時配布されていましたが、2018年から無料版はWebページから使用できるようになっています。
Google時代に無料ということから広く行き渡り、SketchUpの操作に関する指南書が、web上、YouTube上で多数公開されています。

SketchUpの描画の特徴の一つは、Google Earth、Google Mapとの連携で、それらから得られた地形図から標高データを得て等高線図を作ることができます。

さらに、長方形を描き、その面をプルアップすると立方体が描けるため、等高線図の上にビルを描くようなことが簡単にできます。

また、日光の当たり方を設定することで、描いたビルの影も描くことが簡単にできます。

もう一つのSketchUpが使いやすさは、3Dギャラリーが充実していることです。
3D Warehouseでは、数百万もの3Dモデル、例えば、家、高速道路、椅子など身の回りの製品を含め公開され、ダウンロードができます。

SketchUpのファイル形式はSKPですが、DWG、DXF、3DS、OBJなどのファイル形式の入出力が可能となっていますので、他の3Dソフト間のファイル交換が可能です。

また、PDF、TIFF、JPGなどのイメージファイルの入出力も可能です。

◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする