ベクターワークス、Vectorworks


ベクターワークス、VectorworksのCADフリーデータです。
Vectorworksで作成した、家具、住宅機器、家電、自動車、人物モデルなど、ベクターワークスのライブラリデータが、ダウンロードできます。


また、記事の後半では、Vectorworksの基本機能と機能ごとに特化しパッケージ化した4種類のソフトについて解説しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、ベクターワークスのCADフリーデータをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかれば、設計資料や展開図の作成に役立つはずです。

ベクターワークス、Vectorworks CADデータ

ベクターワークス、Vectorworks CADデータでは、APA作品 ギャラリー、APA作品 データダウンロード、VectorWorks の2Dデータ、などのサイトで、使い勝手が良いデータが掲載されています。
一度試してみてはどうでしょうか。

APA作品 ギャラリー

APA作品 ギャラリー
APAメンバーが作成した、テーブルや椅子、インテリア家具、オフィス家具、トイレ、洗面器具、蛇口、シャワー器具、ドア・窓の建具、厨房機器、家電、自動車、人物モデルなど、ベクターワークスのライブラリデータが紹介されています。

APA作品 データダウンロード

APA作品 データダウンロード
APA作品のデータがダウンロードできます。各専門分野のプロが作成したベクターワークスの実践的なデータ、シンボル、プラグイン、テンプレートなどを、ダウンロードできます。3Dモデルのレザークッションソファ、平板瓦、舞台照明仕込用プラグインがあります。

VectorWorks の2Dデータ

VectorWorks の2Dデータ
VectorWorksの2D図形データが、ダウンロードできます。六角ボルト、六角ナット、全ねじ六角ボルト、平ワッシャー、テーパー座金、Uボルト、鋼材、鋼管、コネクター類、分電盤系統図、ブロック端子台、人物データ、ブランクパネルなど、様々なデータが揃っています。

ベクターワークス、Vectorworks CADデータ その2

ベクターワークス、Vectorworks CADデータ その2については、VectorWorksでCG作成、採光算定マクロ for Win、斜め作図支援 FREE、ベクターワークス 図面 Google、、などのサイトで、人気のデータが参考になります。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。

VectorWorksでCG作成

VectorWorksでCG作成
人物、自動車・バイク、樹木・植栽、家具データなど、VectorWorksのフリー素材、図形データが、ダウンロードできます。2Dデータは主に人物、車、添景素材データがあります。3Dデータは家具、エスカレーター、ピアノなども掲載されています。

採光算定マクロ for Win

採光算定マクロ for Win
VectorWorks上で動く、採光算定マクロです。建築基準法の改正に伴い手間になる、建築基準法上の採光における有効面積算定を容易にします。建物を計画するにあたって、VectorWorksで各数値を逆算することができます。採光計算の手間を簡略化することができます。

斜め作図支援 FREE

斜め作図支援 FREE
Vectorworksで、斜め方向の描画用プラグイン集です。斜め方向の移動、連続複製、頂点移動が簡単に行えます。移動距離と基準線角度の履歴を再利用できます。平行線ツールは、直線 又は 多角形、曲線の辺と同じ長さの平行線を数値入力で手早く描くことができます。

ベクターワークス 図面 Google

ベクターワークス 図面 Google
ベクターワークスの図面、写真、イラストが、見れます。Vectorworksには、2D製図、3Dモデリング、3Dビジュアライズなどの機能が多数搭載されています。Vectorworksは、線分作図ツールや機能を搭載しながら、面図形を多用でき、色鮮やかな図面を作成できます。

Vectorworksは、CADファイル、イメージファイルも扱えます


それでは、Vectorworksの基本機能と機能ごとに特化しパッケージ化した4種類のソフトについて解説しましょう。

Vectorworksは、エーアンドエー株式会社が製作する2次元・3次元CADソフトです。

ソフトは機能別に数種類別れていて、最も基本的なソフトが、Vectorworks-Fundamentalsで、2D・3D設計とレンダリング機能というCADの基本機能を備えています。

機能ごとに特化しパッケージ化したものが、Architect、Landmark、Spotlight、Designerの4つのパッケージ化ソフトです。

Vectorworks Fundamentalsが2D・3Dの設計とレンダリングの基本ソフトですが、Vectorworks Architectは、この基本ソフトに加え建築設計に特化したソフトで、建築・内装の設計を専門的に強化した機能を有しています。
それらは、建築構造・建築設備・建築施工・BIM・空間を定義する空間計画・室内の4つの展開図を作成する室内展開図などの機能です。

次に、造園土木業界向けに機能を強化したLandmarkでは、都市計画・造園設計・土木設計と花・樹木のデータベースを搭載し、植栽計画に対応する植栽ツール、四季の表現を植栽で描く機能があります。

さらに、Spotlightパッケージソフトは、劇場舞台設計・大規模展示会・コンサート会場など適合した設計で、座席レイアウト機能や照明器具を表現した機能を有しています。

最後のVectorworks Designerは、これまで述べたパッケージソフトの特化した機能を全て有しているソフトです。
Vectorworksが扱うファイル形式はVWX形式で、それ以前のバージョンで使われていたmcdもサポートしています。

これら以外のCADフォーマット、DXF・DWG・IFC・SAT・EPSファイルにも対応し、他のCADソフトとの間でファイル交換が可能です。

さらに、BMP・JPEG・PNG・GIFなどのラスタデータのイメージファイルも扱えます。

◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする