単線結線図


このページから、単線結線図のCADデータを手軽にダウンロードして、電気設備工事の図面作成に活用することができます。
ここでは、単線結線図のCADの最新データをダウンロードできるサイトについて解説しています。


単線結線図とは、電気設備用図面の種類のひとつで、電気設備工事の全体計画をまとめたものです。
ジョイントボックスからコンセント、スイッチ、照明や器具などの間を、1本の線で結んでいます。
シンプルですが、本質や基礎を網羅しています。

単線結線図は、設計計画から施工、管理まで、すべての段階で欠かせない図面です。
全体的な電気設備の配置だけでなく、これひとつから、幅広い情報を読み取ることができる、総合的な図面です。

また、電気設備の停電点検などの際にも、単線結線図は、アースフックの位置や、配線範囲を確認するのに役立ちます。

ただ、実際に複数配線される構図を正確に表現した複線図も、施工現場では不可欠でしょう。


この記事の後半では、単線結線図をCADで作成すべき理由と、おすすめアプリ・ソフトついて説明していきます。


まずは、単線結線図のCADのダウロードサイトを紹介しましょう。
役に立つデータがきっとあるはずです。



単線結線図 CADデータ

単線結線図等を簡単に作成できる CAD・BLOCKO2

単線結線図等を簡単に作成できる CAD・BLOCKO2

単線結線図、電気回路図、配電盤、一般電気工事、油圧回路、計装、配管などの図面作成に役立つ機能が豊富に揃っています。

単結部品I

単結部品I

電気設備、単線結線図用のシンボル集です。

ニューコム

ニューコム

JISの電気用図記号、国土交通省認可の電気用図記号、工作機械用の電気用図記号が、ダウンロードできます。

単線結線図 図面 Google

単線結線図 図面 Google

単線結線図の図面、写真、イラストが、見れます。電気回路系統を単線で示した結線図を、単線結線図といいます。電気設備の設計図では、特別高圧の受変電設備、高圧の受変電設備、電灯分電盤や動力制御盤の内部結線などが、代表的な単線結線図として取り扱われます。

単線結線図 CADデータ その2

設備図作成 CRAFT CAD

設備図作成 CRAFT CAD

よく使用される電気・空調・衛生シンボルは事前に登録済で、シンボル登録も簡単に行えます。

編集バンバン 施工要領書

編集バンバン 施工要領書

空調衛生設備・電気工事業者向けの、施工要領書CADデータ集です。

Hos.CAD 電設シンボル・データ集

Hos.CAD 電設シンボル・データ集

電気設備配線図用の、シンボル・各種初期設定データ集です。国交省営繕要綱に準拠し、実践的な操作説明書も提供されます。

VectorWorks用 電気屋内配線 シンボル集

VectorWorks用 電気屋内配線 シンボル集

VectorWorks用、MiniCAD用の、電気屋内配線シンボル集です。

電気設備 cad-data.com

電気設備 cad-data.com

電気設備のフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。電気設備における3D外部配管図、詳細図を作図する際に利用すると便利な電線管VE部材一式、電線管EP部材一式、電子機器用パネル取り付けコンセントなどのデータが揃っています。


お求めのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから収集してください。
次のサイトでは、単線結線図のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
単線結線図、CADデータのまとめサイト

単線結線図をCADで作成すべき理由と、おすすめアプリ・ソフト


それでは、単線結線図をCADで作成すべき理由と、おすすめアプリ・ソフトの利用ついて説明していきます。

1. 単線結線図にCADを用いるべき理由

施工計画の変更や改造があった場合、その都度、図面を更新しなければ、設計計画通りの施工ができなくなってしまいます。

印刷された単線結線図しかない場合は、修正するのに非常に時間と手間がかかり、現場での作業にも影響が出るかもしれません。

最初から、CADを使って図面を作成しおけば、変更箇所の反映も短時間で済み、効率よく最新の図面で、現場の施工確認を進めることができます。

紙の図面をCADに起こすのに、現場慣れしている人でも、丸一日以上かかります。
CAD図面を初めから採用することを、強くおすすめします。

2. 単線結線図に適したCADアプリ

現在でも、印刷された図面を、採用している現場や工務店も少なくありません。
紙の図面しかない場合は、図面をスキャンして、CADソフト用データへと変更する必要があります。

この作業におすすめのアプリは、「CamScanner」と「WinTopo Freeware」です。

スマートフォンのカメラで図面を撮影し、CamScannerにてJPEGファイルとして保存します。
パソコンに取り込み、ビットマップ形式のファイルに変更します。
その後、WinTopo Freewareを使ってJWCファイルに変更すれば、JW CADで利用できる図面ファイルが完成します。

どちらのアプリも無料で、誰でもダウンロードすればすぐに使用可能です。

また、CADアプリがあれば、大きな図面やパソコンを携帯せず、タブレットやスマホのみで図面を参照でき、大変便利です。

おすすめのCADアプリとしては、
AutoCAD(iPhone・Android対応)
IJCAD Mobile LT(iPhone・Android対応)
CAD Pockets(iPhone・Android対応)
DWG FastView(iPhone・Android対応)
などがあります。

AutoCADを利用する場合は、互換性の高い、IJCAD Mobile LTやDWG FastView などが使いやすいでしょう。



◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする