美容室、チェア、シャンプー台のイラスト写真のダウンロードが集結


このページでは、美容室、チェア、シャンプー台のイラスト素材のリンク集、写真画像のリンク集をまとめて紹介しています。
スタイリングチェアは、美容室の顔といえるチェアです。
スタイリングチェアを選ぶポイントは、なんといっても座り心地です。
外見が良いのにこしたことはありませんが、お客が長時間座ること、また、さまざまな体型の人が座ることをいちばんに考え、座り心地と機能性を重視しましょう。
美容室、チェア、シャンプー台のイラストや写真データをひとつひとつ探すのは、たいへん時間と手間のかかる作業です。


また、記事後半では、美容室のレイアウト設計と、シャンプー台配置時の留意点を説明しています。

それではまず、イラスト素材、写真画像のダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。



美容室、チェア、シャンプー台のイラスト素材がここに集結

美容室、チェア、シャンプー台のイラスト素材がここに集結では、FREE VECTOR、Adobe Stock、getty images、美容室椅子 イラスト Google、FOTO SEARCH、iStock、depositphotos、などのサイトで、評判のデータがダウンロードできます。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。

FREE VECTOR

FREE VECTOR
ベクターアートをダウンロードできるサイトです。フリー素材とプレミアム素材があります。キーワード検索すると、検索結果と併せて関連キーワードが表示されるので検索時のヒントになります。美容室、チェア、シャンプー台、椅子、テーブルセットなどの、イラストがあります。

FOTO SEARCH

FOTO SEARCH
このサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台などの、美容室、イラスト素材が掲載されています。ロイヤリティーフリー素材も多く、世界中のストックサイトを一括で検索することができます。商用利用可能な素材も多数あり、価格別、素材別で、検索可能な検索窓は使いやすいと評判です。CD/DVDのロイヤリティーフリー画像集があり、頻繁に探す方はこちらを購入すると安くて便利です。

depositphotos

depositphotos
ロイヤリティフリーの写真素材、ベクターイラスト、動画の販売サイトです。プロの写真家、イラストレーター、ビデオグラファーの素材が購入できます。素材は一枚から購入可能です。美容室、シャンプー台、イス、テーブルセット、ベッドなどの、イラストデータが揃っています。

美容室椅子 イラスト Google

美容室椅子 イラスト Google
このサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台などの、図面、イラスト、写真が掲載されています。首の負担が少ない快適なネッククッション、軽くて大容量の樹脂製ボウル、着脱がスムーズな接続システム、シャンプーボトルを内蔵 、サイド仕様のシャワーヘッドなどの機能が、シャンプー台に求められます。

美容室、チェア、シャンプー台の写真画像がここに集結

美容室、チェア、シャンプー台の写真画像がここに集結では、アベリー、PEXELS、flickr、美容室 写真 Google、CanStock Photo、shutter stock、Unsplash、などのサイトで、高品質のデータが参考になります。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

CanStock Photo

CanStock Photo
ロイヤリティフリーのイラスト、写真、クリップアートなどのダウンロードサイトです。有料で高品質な画像が購入でき、料金は素材サイズ、解像度などによって異なります。メンバー登録すると、単品購入でも、定価より大幅にディスカウントしてくれます。このサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台などの、写真画像があります。

shutter stock

shutter stock
さまざまな素材を無料アカウント登録の後、ダウンロードできるデータ提供サイトです。ユニック車やトラック、トレーラ、ビケ足場、カラーコン、工事看板など現場素材もあります。自然、公園、製造、建築現場、移動機器、交通などのカテゴリーを取り扱っています。このサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台などの、写真画像が掲載されています。

Unsplash

Unsplash
無料の写真素材ダウンロードサイトです。高画質画像を無料で利用することができます。素材は商用可能です。クレジットは必須ではありませんが、表記が推奨されています。美容室、シャンプー台、ソファ、ベッド、オフィス家具などの、写真データが揃っています。

美容室 写真 Google

美容室 写真 Google
このサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台などの、図面、イラスト、写真が揃っています。美容室でシャンプーなどを収納しておくのが、シャンプー台やシャンプーキャビネットです。扉があるものや棚の幅を変更できるもの、木製や金属製のものなど多くの種類があります。タオルが置けるようになっているものもあり、外見や機能性を考慮して使いやすいものを選びましょう。


イメージ通りのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトからダウンロードしてください。
次のサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
美容室、チェア、シャンプー台、CADデータのまとめサイト

美容室、美容院のレイアウト設計、チェア、シャンプー台の特徴と配置時の留意点

シャンプー台の設置が必要な美容室、美容院の設計を考える

店舗設計においては、その営業業務形態によって、設計時に様々な規制や条例などを考慮しなければなりません。

新規の美容室や美容院の設計では、地方自治体や各保健所による条例によって「先発設備義務化条例」により、シャンプー台の設置が義務化されています。

そこで、シャンプー台の設置が必要な美容室の設計と、配置時の留意点を考えていきましょう。

美容師の動線に注意が必要なチェア、シャンプー台の設置

店舗のスペースや美容師の人数にもよりますが、美容室、美容院の設計では人の動き、動線が重要になります。

待合室からお客様がチェアに腰掛けるまでのアプローチに、ハサミなどの作業カーゴが邪魔になってはいけません。
美容師の作業の妨げる様な、チェアやシャンプー台の位置ではいけません。
どんなにデザインが素晴らしくとも、仕事のしづらい美容室、美容院が完成しては困ります。

そのような問題が、設計の段階で解る様に、施主やオーナーに解りやすく図面を作成する必要があります。

店舗の営業状況に応じたシャンプー台の設置

施主の好みや業務の形態によって、それに対応したチェアやシャンプー台があります。

シャンプー台の主流は、サイドシャンプー型とバックシャンプー型の2種類があります。
サイドシャンプー台は、髪を洗う事をメインとしたものです。
バックシャンプー台は、マッサージする事をメインとしたシャンプー台です。

設計前に、業務形態や導入するシャンプー台の形状を、事前に施主から確認しておけば、スムーズに設計する事ができます。

また、シャンプー台の設置には、給湯や排水といった配管や、使用電源、壁面の防水といったものが大きく関わってきます。
事前に情報を得ていれば、図面を作図する時に問題無く作図する事ができます。

この様な情報は、施工管理者を通して、施工事前に必ず収集しておきましょう。

CADデータの活用でスペースや動線を考慮したレイアウト設計が可能になります

CADデータを活用すれば、チェアやシャンプー台の位置や設置時の必要なスペースを、把握する事ができます。

バックシャンプー台は、その構造上、移動する事が可能なので、限られたスペースでも設置、導入するメリットがあります。

しかし、サイドシャンプー台を設置の場合には、チェアを大きく倒して広いスペースが必要になります。

チェアタイプによっては、フルフラットになるものもあります。
店舗が導入する、チェアとシャンプー台のCADデータを図面に落とし込み、スペースや位置の確認を必ず行いましょう。

CADデータの活用は、実際に美容師が作業を行う時の動線を把握する事ができます。
実際に使用するシャンプー台のCADデータを図面に落とし込むことで、店舗設計に問題がないか確認する事ができます。

これにより、チェアやシャンプー台の数を増減したり、シャンプーブースを新たに設置する必要性を確認することができるようになります。




◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする