ソファー、応接セット、ソファーセット 2Dcad・3Dcadデータの探し方


リビングやオフィスなどの、ソファー・応接セットの配置の検討には、図面での確認が必要になります。
このページでは、ソファーや応接セットのCADデータがダウンロードできます。


ソファーや応接セットは、自宅やオフィスの部屋など、さまざまな環境で使用されています。

ソファーなら、カウチやリクライニングタイプから、ローソファーやフロアソファー、L字型やコーナーソファー、脚置きがセットになったデザイナーズソファーとオットマンのセットなど、種類も多岐に渡ります。

応接セットは、来客時に対応するための家具で、ローテーブルとソファー数脚で1セット、というのが一般的です。
デザインや質感なども統一されており、配置するだけで雰囲気が安定するでしょう。

また今では、素材から、大きさ、色、デザインなど、幅広い商品が出回っています。
そのため、使う場所や用途に合わせて、適切なソファーを選ぶことが大切です。


更に、記事の後半では、ソファー・応接セットのCADデータの選び方と、2D・3DCADの使い方を紹介しています。


それでは、ソファーの配置の検討など、ソファー・応接セットのCADデータをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。



ソファー、応接セット、ソファーセット 2Dcadデータの探し方

arch web

arch web
建築関連の2D、3Dのdwgデータを多数掲載しているサイトです。ソファ、応接セット、美容室、チェア、シャンプー台、椅子、チェア、パイプ椅子、イス、机、デスク、テーブルセット、ベッド、オフィス家具、事務椅子、事務机などの、CADデータがダウンロードできます。

CAD forum

CAD forum
無料の2D・3DCADブロック、ビデオ、用語集、CADに関する技術ヒント、ディスカッションなどを提供しているサイトです。ソファ、応接セット、ベッド、事務椅子、事務机などの、CADデータがあります。

DWG models

DWG models
建築家、デザイナー、エンジニア向けのフリーDWGデータベースです。AutoCADと互換性のあるCADデータが数多く公開されています。ソファ、応接セット、美容室、チェア、パイプ椅子、イス、テーブルセット、ベッド、オフィス家具、事務椅子、事務机などの、CADデータが利用可能です。

ソファ 図面 Google

ソファ 図面 Google
ソファの図面、写真が、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。ソファの種類は、カウチソファ、ローソファ・フロアソファ、ソファベッド、リクライニングソファ、コーナーソファ、デザイナーズソファ、オットマンソファなどに分類されます。

ソファー、応接セット、ソファーセット 3Dcadデータの探し方

3D Warehouse

3D Warehouse
SketchUpで作成された3Dモデルが利用できるサイトです。素材はSketchUpに直接ダウンロードすることができます。モデルの共有にはGoogleアカウントでのサインインが必要になります。ソファ、応接セット、事務机、事務椅子などの、CADデータがあります。

Yobi3D

Yobi3D
無料3Dモデルの検索エンジンです。obj、stl、3ds、ブレンド、dwg、dxfなど、様々な形式のデータが掲載されています。椅子、車、飛行機、花などのカテゴリに分かれています。ソファ、応接セット、ベッド、オフィス家具などの、CADデータが紹介されています。

CRAZY 3D FREE.com

CRAZY 3D FREE.com
AutoCADブロックと3Dモデルがダウンロードできるサイトです。商用利用はできません。ソファ、応接セット、美容室、チェア、シャンプー台、椅子、チェア、パイプ椅子、イス、机、ベッド、オフィス家具などの、CADデータがダウンロードできます。


イメージ通りのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから手に入れて下さい。
次のサイトでは、ソファー、応接セット、ソファーセットのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
ソファー、応接セット、ソファーセット、CADデータのまとめサイト

ソファーや応接セットのCADデータの選びは面白い


この項では、目的に合った、ソファー・応接セットのCADデータの選び方と、2D・3DCADの使い方を紹介します。

1. ソファーや応接セットのCADデータの選びで実践すること

ソファーや応接セットのCADデータが、フリーダウンロードできるサイトは、多数あります。
それぞれのデータは、テーブルと椅子やソファーに関して、細かく仕様が決まっています。
実際に、現場に配置するものが決まっている場合、それに近いCADデータを採用しましょう。

その空間に合った、ソファーを選ぶことも非常に重要です。
配置スペースを的確に考慮し、目的に沿ったソファーや応接セットのCADデータをダウンロードして、CAD図面上で、挿入してください。

素材や色、デザイン、サイズ、座り心地、くつろぎ方などのポイントも、ひとつずつチェックしましょう。
実際に、完成現場で使われている様子が浮かぶよう、図面上でも再現しましょう。

2. ソファや応接セットのデータは、2Dと3D、どちらが便利か

CADには、平面だけの2Dと、立体的な3Dに分かれています。
現在では、幅広い建設現場において、3DCADが用いられるようになってきました。

2DCADは、入力作業が簡単で、短時間で作成・変更できます。
その上、多くの業者で紙図面のニーズが高いため、対応しやすいというメリットがあります。
かつて、一般的であった手書きの作図の延長とも言えるでしょう。

一方、3DCADは、実際に建てられる建物のように、立体的に表現できるCADです。
シミュレーションで、全角度から配置や形状を、確認することが可能です。
この立体データから、平面図など、2DCAD図面を自動で出力でき、わざわざ、別途図面を作る手間がなくなります。

しかし、初期導入費用や、稼働させるパソコンのスペックなどが高いため、気軽に採用する訳にも行かず、実際の活用度としては少ないのが現状です。

自宅のリビングや応接間などの空間で、ソファの配置を見る時、実際の空間をリアルに再現できる、3DCADが便利でしょう。

ただ、施工業者とのやり取りや、修正変更などを含めて考えると、2DCAD図面で、的確なCADデータを表現するのが実用的です。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする