バス・Bus 2D・3Dcad


このダウンロードサイトでは、各種バスのCADデータが用意されています。
また、バスメーカーのCADデータも手に入るので、商業施設など外構図面に添付する資料などにも活用できます。


バスのCADデータは、施設を作図する際に必要な、cadデータの1つです。

バスが施設内に乗り入れる、交通機関施設の設計では、乗り入れてくるバスの最大高や最大幅を考慮し設計を行います。

その為、設計図にバスのcadデータを落とし込み、寸法などを加える事によって、図面上に施設の大きさや形状を明確に表さねばなりません。

また、バスが乗り入れる様な大型商業施設の外構図面には、バスの駐車スペースを明確にしたものや、バスの旋回場の必要な面積を示した図面が必要となってきます。

これは、施設内の交通安全対策にもつながるので、2Dcadだけではなく、3Dcadデータも活用して、視覚的にも解りやすい図面作りが要求されます。


記事の後半では、交通施設設計や大型商業施設の設計における、施設の外構に合ったバスcadデータの重要性について解説しています。


バスの2Dcad、3Dcadデータをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。



バス・Bus 2Dcadデータ

日野自動車

日野自動車
観光バス、送迎バス、路線バス、高速路線バスごとの低公害、軽量、コンパクト性、高出力、低燃費、低騒音、低振動、エンジン性能、などの車種別環境情報が紹介されています。小型、中型、大型バスの外観図、旋回軌跡図、燃費と性能表も掲載されています。

土木の道具箱 @ほーせん

土木の道具箱 @ほーせん
形式のフリーCADデータを公開しているサイトです。作業員やガードマン、大型バス、ブロック積擁壁、防護柵、側溝などのCADデータをダウンロードできます。作業員のCADデータの掲載が多く、様々な図面に使うことができるので便利です。このサイトでは、バス・Busなどの、2Dcadデータが利用可能です。

バス cad-data.com

バス cad-data.com
バスのフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。大型路線バス・中型路線バス・小型路線バス・貸切用バスなどの平面図・立面図・側面図・鳥瞰図・軌跡図、バスターミナルの路面標示、レトロなワーゲンバスなどのCADデータが揃っています。

arch web

arch web
このサイトでは、バス・Busなどの、が2Dcadデータ揃っています。樹木データなど、1カテゴリのCADデータを販売されており、使い勝手の良いサイトです。記事の内容を読むために、知識として必要な、土木用語の分かりやすい解説があります。シンボルでは、事故防止や避難サイン、安全標識などの平面図がダウンロードできます。

バス・Bus 3Dcadデータ

Cad Nav

Cad Nav
CADやCAE 、CAMのエンジニアや、CGIを扱うグラフィックデザイナーを対象としているサイトです。CadNavサイトには、3DモデルやCADモデルが50,000以上掲載されています。Auto desk 3DS MAXやBlender、Cinema 4Dなどのソフトウェアで使用できます。このサイトでは、バス・Busなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。

TURBO SQUID

TURBO SQUID
プロ向けの3Dモデルを販売するサイトです。多くの素材は有料ですが、無料の素材もあります。上部の「3D MODELS」のタブから「Free 3D Models」を選択すると、無料の3Dモデルが表示されます。無料の素材も約2万点と充実しています。3dx、max、fbxなど主要フォーマットに対応し、建築設計やゲーム制作、アニメーションの制作など幅広い用途に利用できます。このサイトでは、バス・Busなどの、3Dcadデータが掲載されています。

Free 3D

Free 3D
このサイトでは、バス・Busなどの、3Dcadデータが掲載されています。人体や骨格、臓器、iPhoneのガジェットなど、専門的な分野の素材が探せることが特徴です。ゲームや映画のキャラクター、輸送機やドローンなど、他で探しにくい素材が見つかります。iPhoneガジェットやキャラクター、電子機器、車両などは最新版が比較的早くアップされます。


ご希望のCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから見つけてください。
次のサイトでは、バス・BusのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
バス・Bus、CADデータのまとめサイト

交通施設設計におけるバスcadデータの重要性


交通施設設計や大型商業施設の設計における、施設に合ったバスcadデータの重要性について解説します。

1. バスcadデータは数も豊富。施設に合った形状のバスを選ぶ

検索サイト等で検索すると、バスのcadデータは、数も種類も豊富です。
無料で使えるものを選ぶのも良いと思います。

しかし、行政関連の公共交通施設の場合、そこで使用しているバスの図面提出を求められる事もあります。
その時には、確認を取った上でバスcadデータの使用が必要になります。

そのような場合などは、車両メーカーや、有料サイトの提供する、バス車両のcadデータが必要となります。

その他にも、バスには、バス停や信号機といった、関連する設備も必要となりますので、関連するバスcadデータは押さえておく必要があります。

2. バスcadデータを施設図面や外構図面に盛り込み安全対策

バスが使用する駐車場や停留所の設計には、国土交通省の設計指針があります。

「大型貨物車およびバス」の駐車ますは、長さ13m、幅員3.3mが原則となっています。
建物内天井の有効高さは、車路の場合4.1m、車室の場合3.9m必要になります。

その為、設計図と同サイズのバスcadデータを図面に落とし込み、設計や駐車スペースのミスや問題がないかを確認できます。

また、安全対策として、構造物がバスの進行に妨げになったり、死角になったりしないかなど、設計の段階から確認する事ができます。

この際、2Dcadデータよりは3Dcadデータを用いる事により、建築に詳しくないクライアントやオーナー様にも、視覚的に見やすく、解りやすい施工図や完成図を提供する事が可能になります。

また、狭い敷地ではスペースも限られておりますが、バスを乗り入れる施設を作る際には、規定に則った作図が要求されます。

更に、バリアフリー化や安全対策によって、規定より大きくスペースを取らねばなりません。
2Dcadや3Dcadのバスcadデータを活用して、安全に配慮した作図を行う必要があります。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする