自動車・Car・車両 2D・3Dcad


自動車には様々な種類があるため、どのCADデータを使えばよいか迷っていませんか。
そこで、このページでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータリンクを集めました。


自動車テーマのCADデータは、建物や街の、建築パースを引き立ててくれる素材のひとつです。
自動車が、人々の生活に欠かせないアイテムとなった昨今、大きさのイメージがつかめないという人はいないでしょう。
そのため、建築パースに1台でも加えておけば、建物の大きさや動線、生活の質などをイメージしやすくなります。

また、例えば、家一軒だけのパースに、自動車を配置するだけで空間が広がり、より生活感のあるパースに変化するでしょう。
しかし、ただ自動車を配置すれば良いわけではありません。
技術とセンス、自動車のデータを選ぶ要領などを問われるパース作りは、転職にも有利に働くほど、誰にでもできるものとは限らないのです。


また、記事の後半では、CAD技術者としてのスキルアップにつなげる、イメージ通りの自動車CADデータを探すコツ、などについて説明しています。


まずは、ダウンロードサイトのリンク集から、自動車・乗用車・普通車・車両ののCADデータをチェックしてみましょう。
お探しの自動車CADデータが見つかれば、きっとパース作りに役立つはずです。



自動車・乗用車・車両 2Dcadデータ

建築パース.com 平面図

建築パース.com 平面図
フリーCADデータをダウンロードできるサイトです。自動車、自転車、バイク、車いす、樹木、花壇、人物・動物、方位記号、ダイニングセット、椅子、キッチン、洗面台、トイレ、システムバスなどのCADデータを利用することができます。形式はdxfになります。

トラスト

トラスト
フリーイラスト素材が手に入るダウンロードサイトです。
無料の会員登録をすることですぐに素材が利用できるほか、商用利用が可能なのが特徴です。
すべて無料でダウンロードできるほか、気に入ったクリエイターがいれば、オリジナルイラストを依頼することもできます。
このサイトでは、自動車・乗用車・車両データなどの、2Dcadデータが揃っています。

Biblio CAD

Biblio CAD
建築、設計、建設のためのAutoCADデータを公開しているサイトです。形式はDWG、3DS、MAX、DXF、PAT、LSP、PDFなどです。自動車・乗用車・普通車、自転車、バイク、車いす、軽トラック、バス、電車、作業員、人物、樹木、観葉植物などのデータが揃っています。

SUPER COLORING

SUPER COLORING
無料の塗り絵コンテンツサイトで、塗り絵のベースを手に入れることができます。
塗り絵の種類も豊富であり、ノンカラーの状態なので、そのまま線画としてCAD素材に応用することも可能です。
自動車やバス、室内家具などもあり、線画抽出として使うことで室内展開なども簡単にできます。
このサイトでは、自動車・乗用車・車両データなどの、2Dcadデータが利用可能です。

自動車・乗用車・普通車・車両 3Dcadデータ

3D Warehouse

3D Warehouse
3DCADデータやイラストイメージがダウンロードできる英語表記のサイトです。
ショベルカーやバックホウ、鋼板、外構階段、ボルトなど工事関連素材が見つかります。
動物や建築、人物、家具やインテリア、景観、移動機器、アートなどのデータも揃っています。
このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両データなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。

arch web

arch web
このサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両データなどの、3Dcadデータがダウンロードできます。
樹木データなど、1カテゴリのCADデータを販売されており、使い勝手の良いサイトです。
記事の内容を読むために、知識として必要な、土木用語の分かりやすい解説があります。
イタリア語サイトですが、Arregi dwgをクリックすると、CADデータの見やすい掲載ページに行けます。

自動車 3Dデータ Google

自動車 3Dデータ Google
自動車の3DCADデータが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。クルマは、外観の違いや用途によって、ハイブリッド、ミニバン、コンパクト、セダン、スポーツ、SUV、軽乗用車、商用車など、さまざまな種類に分類されています。


欲しかったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを探してみてください。
次のサイトでは、自動車・乗用車・普通車・車両のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
自動車・乗用車・普通車・車両、CADデータのまとめサイト

自動車のCADデータを活用し、CAD技術者としてのスキルアップにつなげる


続いて、CAD技術者としてのスキルアップにつながる、自動車のCADデータを活用したパース作りのコツについて説明していきます。

1. 建設業界ではCAD技術者の転職は引く手あまた

CAD技術者にも、色々な得意分野があると思いますが、中でも、魅せるパースを作ることができる人材は貴重です。
パースは、一見しただけで、その建物の状況や魅力をよく把握させる重要なアイテムです。
これを、求められる以上のクオリティで完成させるには、小手先だけではない技術を要します。

2. 間違った自動車データを選んでしまうと

例えば、自動車と言っても形状は様々ですし、3Dcadならばカラーも様々です。
より建物や街に合ったパースを選ぶと、共感を呼び、より魅力的なパースへと変化するでしょう。
しかし、一般向けマンションの敷地内に、海外製の高級車を配置してしまったり、都会的なタウンイメージの中に、流行から外れた車両を配置したりしてしまうと、イメージが一変してしまいます。

そのため、よりイメージに合った車両の素材を選ぶことが、重要となってきます。
また、車の種類だけではなく、角度なども問題になってきます。
見せる相手が男性なのか女性なのか、どのような年齢層なのかも考えなければなりません。

これを全て補うには、パースを探す地道な作業ができること、空間のイメージができること、そして多少の絵心と車の知識が必要です。

3. 転職を更に有利にするにはサイトの特徴を踏まえておくこと

ここまでで、誰にでもできることではないことがわかってきたと思います。
CAD技術者の転職は、売り手市場ではありますが、更に良い企業へ行くには、自分なりの特技がなくてはいけません。
もし、パース作成に重点を置くならば、CADデータ選びから抜きんでておくべきでしょう。

要領よく探すには、ひとつひとつのサイトの特徴をよく踏まえておくこが大切です。
まとめサイトの利用はもちろん、自分で特徴ごとにまとめたお気に入りを作ることもおすすめできます。
また、自動車のパースに関しては、2Dcadと3Dcadで全く違った感覚を養うことが必要になりますので、形状さえ合っていれば良いという感覚をなくしましょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする