路面切削機 メーカー図


路面切削機・ロードカッターのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
コンクリート路面・アスコン路面の路面切削、アスファルト舗装のわだち修正、アスコン褶曲部分のこぶとり、クレイ舗装はがし、土壌改良部分のめくりなどの用途に、路面切削機・ロードカッターは使用されます。


また、記事の後半では、路面切削機の構造と機能、用途による刃の使い分けについてご説明しています。

路面切削機・ロードカッターのCADデータや規格寸法図などがすぐに欲しいという方は、下記のリンク集からダウンロードしてくださいね。

路面切削機・ロードカッター 規格寸法図

路面切削機・ロードカッター 規格寸法図については、
タグチ工業、範多機械、酒井重工業、イマギイレ、路面切削機 図面cadデータ Google、などのサイトで、利用できるデータが掲載されています。
きっとお役に立つと思います。

タグチ工業

タグチ工業
建設機械、油圧ショベル専用アタッチメントを開発、製造しているメーカーです。路面切削機・ロードカッター、コンクリートカッター、クラムシェル・アタッチメント、コンクリートホッパー、油圧ブレーカーなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

範多機械

範多機械
道路機械メーカーのサイトです。路面切削機・ロードカッター、アスファルトフィニッシャー、などの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。そのほか、除雪用機械、道路舗装機械、ウォータージェットなど特殊機械も扱っています。

酒井重工業

酒井重工業
建設機械の製造販売及び産業機械の製造販売、仕入れ販売を主事業としている会社です。路面切削機・ロードカッター、振動ローラなどの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。CCV、赤外線式放射温度計、エンジンスターターなどの関連商品も扱っています。

イマギイレ

イマギイレ
建設機械器具などのレンタル・販売・修理を手掛ける会社です。路面切削機・ロードカッター、タイヤローラ、振動ローラ、コンクリートカッター、プレート・ランマー、油圧ブレーカー、コンプレッサ、高所作業車などの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

路面切削機 図面cadデータ Google

路面切削機 図面cadデータ Google
路面切削機・ロードカッターのCADデータが、多数紹介されています。ロードカッターは、道路補修工事などでコンクリート・アスファルト路面の切断に使用される工事用重機です。道路の補修工事、マンホール工事、道路標識の設置・除去、路面の凹凸の除去などのほか、上下水道・ガス管などの埋設工事でも使われます。

路面切削機・ロードカッター 規格寸法図 その2

路面切削機・ロードカッター 規格寸法図 その2については、
リョーキ、千代田機電、南部興産、ササイナカムラ、福島重車輌、などのサイトで、使えるデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータが出てまますよ。

リョーキ

リョーキ
建設機械・発電機・コンプレッサーなどの販売、建設機械・産業機械・車輌などのレンタル・リース会社です。路面切削機・ロードカッター、アスファルトフィニッシャー、タイヤローラ、振動ローラ、プレートなどの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

千代田機電

千代田機電
建設機械・土木機械などのレンタル、整備・販売、工事などを取り扱っている会社です。路面切削機・ロードカッター、アスファルトフィニッシャー、タイヤローラ、振動ローラ、コンクリートカッター、ランマーなどの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

南部興産

南部興産
建設機械のレンタル・販売・修理会社です。路面切削機・ロードカッター、タイヤローラ、プレート・ランマー、油圧ショベル、アタッチメント、トラッククレーン、ブレーカー、ダンプ、エアポンプ、バケット車、杭抜き機などの規格寸法図、仕様書、カタログがあります。

ササイナカムラ

ササイナカムラ
建設機械及び仮設機材リース・レンタル、建設機械整備・販売から各種工事まで手掛けている会社です。路面切削機・ロードカッター、アスファルトフィニッシャー、振動ローラ、コンクリートカッター、プレートなどの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。

福島重車輌

福島重車輌
建設用機械のリース・販売会社のサイトです。路面切削機・ロードカッター、アスファルトフィニッシャーなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。0.8、2.5m、3.0m、4.5mクラスのアスファルトフィニッシャーの写真が掲載されています。

路面切削機は、用途で刃を使い分け


それでは、路面切削機の構造と機能、用途による刃の使い分けについて解説しましょう。

一般的には、ロードカッターや、アスファルトカッターと呼ばれています。

コンクリートカッターと、アスファルトカッターの違いは、基本的に機械ではなく、ブレード(刃)の違いです。

道路工事で、主に切削オーバレイに使用されている、大きな機械の正式名称は、路面切削機(ロメンセッサクキ)というものです。
通常の呼び方は、ロードカッターです。

路面切削機を用いた工事のことを、切削オーバーレイ工(セッサクオーバレイコウ)と言います。
また、路面がコンクリートの場合でも、しっかり削れます。路面切削機には、コンクリート用の刃と、アスファルト用の刃があり、使用目的で交換します。

刃の交換は、路面切削機にドリルが付いているため、刃の回転する方向と、逆の方向にドリルでたたくと、簡単に取れる仕組みになっています。

切削時は、約856.2℃の熱が刃にかかるため、水をかけながら削っています。
水をかけることによって、約430度まで刃内の熱を下げることができます。

また、切削時の独特のくさい匂いは、熱でベルトコンベアが焦げている匂いです。

刃は、約半年使い続けると寿命です。

環境や人への配慮として、廃材飛散防止や特定特殊自動車排出ガス基準適合車の認定等がされています。

安全性として、障害物や作業者を察知し、警告する機能や、タイヤへの巻込みを防ぐ機能等が備わっています。

作業効率も考えられた、優れた機械です。

◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする