A型・B型バリケード メーカー図


工事計画書の添付図面には、安全対策や様々な区画に使用する、バリケードのCADデータが必要になります。
このページから、A型バリケードやB型バリケードのCADデータがダウンロードできます。


A型バリケードやB型バリケードは、主に、工事現場と通路の境界に使われます。
また、工事現場全体を囲んで、関係者以外が入場しない様にも利用されます。
他にも、資材置き場の区画や、廃棄物置き場の区画、重機使用の安全対策に使用されます。

A型バリケードやB型バリケードのCADデータは、工事計画書や安全管理対策の添付図に、必須のCADデータになります。

公共工事などでは、規格に合った安全機材を使用しなければならない現場が多くあります。
バリケードを使用する際にも、寸法や形状を、正確にCADデータで提出する必要があります。

区画や重機車両のCADデータと合わせて利用する事で、工事現場の区画整理の必要な場所の特定や、現場内の安全確保での問題点をイメージしやすくなります。


更に、記事の後半では、工事計画書の添付図面には不可欠な、A型バリケードやB型バリケードのCADデータの必要性と利用法について説明しています。


A型バリケードやB型バリケードのCADデータをすぐに入手したい場合は、下記のリンク集からダウンロードしてください。



A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケード 規格寸法図

トラスト

トラスト
A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードなどのイラスト集が、ダウンロードできます。お願い板・通行止め・片側通行・一時停止・ダンプ出入口・工事中など、工事看板のCADデータもあります。構内交通標識、通路標識、階段標識など。

日建リース

日建リース
建設用鋼製軽量仮設資材、運搬用器材、介護福祉用具などの賃貸・販売会社です。バリケードやパネルゲートなどの安全施設、ビケ足場などの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。大手の仮設リース会社なので、大変多くの仮設物の情報が豊富に取り揃えられており、便利に利用できます。このサイトでは、A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードなどの、規格寸法図があります。

アクティオ

アクティオ
建設機械レンタル及び建設用機械器具等のレンタル・リース・販売、付随する業務を行う会社です。取り扱っている機種の中の一部において、CADデータを自社サイト内で無料公開しています。バックホウ・油圧ショベル、クラムシェル・アタッチメントなども豊富に揃っています。このサイトでは、A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードなどの、規格寸法図が利用可能です。

株式会社 アオト

株式会社 アオト
工事用安全保安用品の販売・リースや特注看板等を作成している会社です。A型・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケード、パネルゲート・シートゲート、カラーコーン、保安施設、LED信号機、工事看板などの規格寸法図、仕様書、カタログが紹介されています。

日本機電

日本機電
建設仮設資材やクールミスト、LED看板などを製造している会社です。バリケード類やケード類などの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。多くの種類のバリケード類やケード類を取り扱っているので、選択肢が広がります。このサイトでは、A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードなどの、規格寸法図が紹介されています。

バリケード 図面cadデータ Google

バリケード 図面cadデータ Google
A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードのCADデータが、多数紹介されています。A型バリケードは、側面から見た形状がアルファベットのAになることから由来しています。これに対し、ネットフェンス、ガードフェンスなどを、区別のためB型バリケードと呼んでいます。B型バリケードの足回りはコンクリートでできているものがほとんどです。


ご希望のCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを覗いてみてください。
次のサイトでは、バリケードのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケード、CADデータのまとめサイト

安全対策に必須。バリケードのCADデータの必要性


引き続き、工事計画書の添付図面には不可欠な、A型バリケードやB型バリケードのCADデータの必要性と利用法について説明しましょう。

1. 場所や用途に合ったバリケードCADデータを利用する

A型バリケード、B型バリケードの形状を考慮して、CADデータを利用する必要があります。

A型バリケードは、高さ約70cmで、幅は1mから1.2m程で、
開いた形状を横から見た時に、アルファベットのAに似ている事からこの名が付いています。

また、A型バリケードは、現場通路を明確に区画したり、工事車両の可動範囲に、人が入らない様に区画するのに適しています。

B型バリケードは、高さが120cmから180cmで、幅も約180cm程あります。
形状も壁型をしていますので、何枚も並べて工事現場をほぼ遮断することができます。
容易に、外部の人間が入場する事ができません。

また、B型バリケードは、現場の目隠しや、飛散物防止にも使えます。
都会の狭い建設現場や、人通りの多い道沿いで、工事現場との遮断に有効です。

2. CADデータの有効利用は、注意喚起や安全対策に効果的

A型バリケード、B型バリケードのCADデータは、メーカーサイトやリース会社のホームページの他に、フリーCADダウンロードサイトに、数多く存在しています。
使用の際には用途に応じて、CADデータを選定していく必要があります。

安全労務用の書類の添付図や、公共工事の提出用図面においては、使用するバリケードの形状や寸法を正確に記載した図面が必要となる事があります。
その際は、実際に使用するメーカーや、リース会社が提供しているCADデータを利用すると良いでしょう。

3DCADデータは、視覚的にもわかりやすいので、工事の安全対策を地域住民に説明する際に、添付資料として利用できます。
また、工事に携わる作業員の注意喚起に、ポスターや表示物に利用すると、大変有効です。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする