パネルゲート・ゲート メーカー図


このページでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートCADデータのリンク集を紹介しています。
ゲートの形状も豊富にそろっているので、現場に合ったCADデータを手に入れることができるでしょう。


パネルゲートは、現場の出入り口に、安全対策及び防犯対策に必要な、仮設資材です。
いわゆる、現場の顔のようなものです。
種類も様々あり、簡易的なモノから厳重なモノまであります。

ゲートに求められるのは、第三者が簡単に現場に入らない為の防犯だけでなく、安全面においても重要な役割があります。
工事現場にゲートを設置する場合、工事関係者が出入りしやすく、かつ、工事車両車が搬入出しやすい配置を計画する必要があります。


また、このページの後半では、パネルゲートが用いられる工事の、現場での用途の把握についても解説しています。


それではまず、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートのデータを含めソフトの内容を知りたい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。



パネルゲート・シートゲート・キャスターゲート 規格寸法図

日本アルファ工業

日本アルファ工業
仮囲いなど、建設資材のリースや販売を行っている会社です。パネルゲートなどのゲート類や、万能鋼板・仮囲いなどの規格寸法図、仕様書、カタログが公開されています。基礎不要のパネルゲートや梁なしのパネル、ジャバラのキャスターゲートなど、様々な仮設物を掲載しています。このサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートなどの、規格寸法図が揃っています。

日本機電

日本機電
建設仮設資材やクールミスト、LED看板などを製造している会社です。バリケード類やケード類などの規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。頑丈な骨組みとイメージアップとなるシート類も豊富であり、快適な仮設計画ができます。このサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートなどの、規格寸法図が揃っています。

明治商工株式会社

明治商工株式会社
建設土木現場で使用する仮設資材を中心に、幅広い種類の製品をレンタル、販売しています。防炎メッシュシート1類、2類、幅広メッシュシート、採光防音シートなどのシート類を揃えています。親綱関連資材、レバーブロックやキトークリップ、鉄骨階段手摺などの鉄骨建方資材が見つかります。このサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートなどの、規格寸法図がダウンロードできます。

東山産業株式会社

東山産業株式会社
建設仮設資材をはじめ福祉用具の販売やリースを行っている会社です。建設現場での落下養生や墜落、転落防止用のネットやバリケードなども取り扱っています。取り扱っている製品に関する情報は、サイト上で確認することができます。このサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートなどの、規格寸法図がダウンロードできます。

カワモリ産業

カワモリ産業
仮設ゲートの製造、販売、リースの会社で、各商品の規格寸法図などがダウンロードできます。パネルゲート、キャスターゲート、借囲いの寸法図をダウンロードする事ができます。パネルゲート、キャスターゲートの組立て、取り付けの説明動画を公開しています。このサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートなどの、規格寸法図が揃っています。

あしばバンク

あしばバンク
仮設資材の販売・買取をしている会社です。商品は、メーカーやカテゴリ別で紹介されているほか、新品か中古かも選べます。規格寸法図や仕様がわかりやすく掲載されており、サイズ感をイメージしやすいのがメリットです。このサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートなどの、規格寸法図が紹介されています。


必要なCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを探してみてください。
次のサイトでは、パネルゲート・シートゲート・キャスターゲートのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
パネルゲート・シートゲート・キャスターゲート、CADデータのまとめサイト

パネルゲートの設置、現場の用途をどのように把握するのか


それでは、パネルゲートの設置において、現場での用途を把握する方法について説明しましょう。

CADで作図する際は「仮設計画図」において、工事関係者が出入りしやすく、かつ、工事車両車が搬入出しやすい配置を計画する必要があります。

ゲートの大きさも必要以上に大きくすると、風などの煽りを受けることがあるので注意が必要になります。

キャスターゲートを計画する際は、キャスターがスムーズに活用できるように、足元を鉄板やコンクリートで整地する、などの計画も考慮しておく必要があります。

1. パネルゲートは「足場計画」と合わせて考えること

「仮設計画図」の作図において、パネルゲートは、建築物に対する「足場計画」と合わせて考える必要があります。

足場の昇降口や出入り口の付近にゲートがないと、作業導線にムダが生じるなど、作業効率が悪くなります。
出きる限り、足場出入り口などの近辺に、ゲートの設置を考慮しておく必要があります。
また、足場計画の際には、建築物の出入り口も考慮しておくとよいでしょう。
されにより、仮設計画において、導線の簡略化となり、無駄のない計画が行えます。
特に、長い資材や、大きな資材の搬入時などは、導線の簡略化は非常に助かります。

2. パネルゲートのバランスで配慮すること

パネルゲートと建築物との、バランスを考慮しておく必要があります。
ゲートが大きければ、工事車両などの進入もしやすくなりますが、必要以上に大きくすると、それ以外の問題を注意しておく必要があります。

ゲートの大きさにより、風などの煽りを受けて、第三者などに接触して、安全面に問題を生じる恐れがあります。
現場の立地条件などを把握しながら、工事車両のサイズを考慮して、ゲートの大きさや配置を計画しなくてはなりません。

CADの作図時には、工事車両の導線を点線などで表記しておくと、ゲートの配置や規模を計画しやすくなります。

3. 足場計画の平面図は、ゲートに絡む足場を優先して作図する

足場に、パネルゲートなどを直接設置する計画を考えている場合は、CAD上で、足場の罫線と重なり、見えにくくて分かりにくくなります。
その場合は、足場の罫線を優先に作図を考えます。

特に平面図でのゲートは点線などで表記をして、補助的に文字でパネルゲートの設置計画の記載を明示しておくと見落としの恐れがなくなります。

また、足場の詳細図と同じように、ゲートの詳細図を別に作図しておくことで、ゲートの設置計画や規模などが把握しやすくなります。

足場計画図は足場がメインですが、詳細図は足場計画図に重要な役割を与えています。
それに作図する方が、より重要度が増すので、平面図での主役は足場に譲りましょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする