チャンネル・アングル


チャンネル・アングル・リップ溝形鋼のCADフリーデータです。
形鋼は一定の断面形状に成形された鋼材で、構造用として土木・建築や機械製品に使われます。
Cチャンネル、アングル、C型鋼、I型鋼、溝形鋼、リップ溝形鋼などのCADデータが、ダウンロードできます。


また記事の後半では、チャンネルとアングルの特徴と、特徴を活かした使用方法について説明していきます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、チャンネル・アングル・リップ溝形鋼のCADデータをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。

Cチャンネル CADデータ

Cチャンネル CADデータについて、
新日鉄住金、MISCELLANEOUS、東京設計センター、チャンネル cad-data.com、チャンネル 図面 Google、などのサイトで、使い勝手が良いデータがあります。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。

新日鉄住金

新日鉄住金
ステンレス形鋼のチャンネルの寸法表・形状図があります。

MISCELLANEOUS

MISCELLANEOUS
リップ溝形鋼、C鋼などの、図面データがダウンロードできます。掲載データはすべてjwsデータです。鋼材のほか、ボルト、ネジ、カウンタチェア、自動車など、多くの素材が掲載されています。検索ボックスからキーワード検索も可能です。

東京設計センター

東京設計センター
溝形鋼、C鋼、アングルなどの、図面データがダウンロードできます。拡張子dxf、dwg、jwcから選択してダウンロードできます。その他、H形鋼、I形鋼、山形鋼、平鋼、Z形鋼など、多数の鋼材データが掲載されています。JIS記号も併記されています。

チャンネル cad-data.com

チャンネル cad-data.com
チャンネルのフリーCADデータがあります。チャンネルの拡張子はicsです。他にも2D、3DのCADデータが多数掲載されています。サイズ表なども掲載されています。拡張子ごとのデータ表示や、タグでの絞り込みも可能です。検索から多数のアイテムを表示できます。

チャンネル 図面 Google

チャンネル 図面 Google
チャンネルの図面、写真、イラストを見ることができます。検索から多数のアイテムを表示できます。様々なチャンネルデータが表示できます。チャンネルは鋼材やその他の材質の工作材料で断面が「コ」の字型のものを指します。

アングル CADデータ

アングル CADデータについては、
タイセイ、サンユー、創建、アングル cad-data.com、アングル cad-data.com、などのサイトで、人気のデータがダウンロードできます。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

タイセイ

タイセイ
アルミアングルのCADデータが、ダウンロードできます。CADデータは、Windows向けデータで、拡張子DXF、DWG形式でダウンロードできます。DXFデータは圧縮されていますので、解凍が必要です。T型、TA型、TO型、TF型、VP型が掲載されています。

サンユー

サンユー
アングルピース、チャンネルフリークリップなどの、CADデータがダウンロードできます。データはdxf、jww、pdfが掲載されています。一部、PDFデータが無いものもあります。クリップガード、ジョイントなどのデータも掲載されています。

創建

創建
ステンレスアングルなどの、CADデータがダウンロードできます。自社商品ステンアングルのデータが公開されています。拡張子はdxfです。

アングル cad-data.com

アングル cad-data.com
アングル フリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。アングルの拡張子はics、jww、dxfがあります。マルチアングル、アングルのサイズ表なども掲載されています。拡張子での絞り込み表示も可能です。

アングル 図面 Google

アングル 図面 Google
アングル 図面、写真、イラストを見ることができます。検索から多数のアイテムを表示できます。アングルは鋼材やその他の材質の工作材料で、断面の両辺が等しいL型のものを指します。

チャンネルは、曲げに対する断面係数が大きい


それでは、チャンネルとアングルの特徴と、特徴を活かした使用方法について説明しましょう。

チャンネルとは、断面がコの字のような形状をした溝形鋼のうち、肉厚のある断面性能の優れた鋼材のことを指します。
軽量溝形鋼であるリップ溝形鋼と比較して、重量溝形鋼とも呼ばれます。

チャンネルは、フランジ部分にテーパー加工が施されており、曲げに対する断面係数が大きいのが特徴です。
建築や機械といった幅広い分野で採用されており、たとえば、機械のフレームや建築補強などの構造部材として採用されています。

また、背中合わせにして組枠状にすれば、さらに強度の高い柱や梁として使用できます。

アングルとは、断面がLの字のような形状をした山形鋼のうち、両辺のサイズが等しい鋼材のことを指します。
一方、両辺のサイズが異なる鋼材のことを不等辺アングルと呼びます。
アングルは、非対称断面のため、荷重を受ける向きによって強度が大きく異なります。

また、アングルは、断面性能があまり高くありません。
そのため、柱や梁といった構造部材として採用されることはほとんどありません。

しかし、軽量でコストも抑えられることから、強度のあまりいらない簡易的な骨組みなどに多々採用されています。
例えば、機械架台や開口補強材、根太などに採用されています。

◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする