万能鋼板の仮囲いのCADデータ入り、工事計画書で安全提案を。


このページでは、仮囲い・万能銅板のCADデータのリンク集を紹介しています。
リンク集には、汎用性が高い万能銅板から最近のものまで、各メーカーごとの仮囲いのデータが揃っています。
形状なども豊富にそろっているので、イメージに合った仮囲い・万能銅板のCADデータを手に入れることができるでしょう。


仮囲いは、工事現場や建設現場を区切る際に使用される、仮の塀設備のことを言います。

万能鋼板を使えば、あらゆる仕切りとしても利用できます。
最近では、喫煙所のパーテーションとして使われたり、女性作業員のための、更衣室設備としての利用も期待されています。

仮囲いにはさまざまな種類があります。
万能鋼板が使われたオーソドックスなものから、カラーリングされた目立つ囲いまでと種類は豊富です。
他にも、景観への配慮がされた、イラストの描かれたもの、中の表素が確認できる透明のもの、などが挙げられます。

その用途は、場所や工事内容によって異なります。
仮囲いのCADデータを使用する際は、どのようなCADデータを使用し、どのように役立てていくか理解しておくことが大切です。


また、このページの後半では、仮囲いのCADデータをを用いる時の工事の課題と、その解決策についても解説しています。


それでは、現場の環境に合った、仮囲いのCADデータを入手したい場合は、下記の、仮囲い・万能銅板のCADデータリンク集からダウンロードしてください。



仮囲いのCADデータをダウンロード、届出書類に簡単添付

日本セイフティー

日本セイフティー
仮設資材のレンタル・販売、ラップ式トイレの販売などをしている会社です。パネルゲートなどのゲート類や、安全施設などの、規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。細かい寸法まで掲載しているので、仮設物の細かい部分まで把握することができます。このサイトでは、仮囲いなどの、CADデータが揃っています。

株式会社 スチール工業

株式会社 スチール工業
工事現場向け資材や、スポーツで使用するフェンスや整備用品などの通販サイトです。宅配便では送れない重量物・長尺物の配送についても細かく記載されています。全体的に画像が多いサイトで、寸法や形状が判りやすく、どのような商品なのか一目瞭然です。このサイトでは、仮囲いなどの、CADデータが掲載されています。

日建リース

日建リース
建設用鋼製軽量仮設資材、運搬用器材、介護福祉用具などの賃貸・販売会社です。バリケードやパネルゲートなどの安全施設、ビケ足場などの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。細かい部分の寸法までも掲載してありますので、CAD作成の際に大いに役立ちます。このサイトでは、仮囲いなどの、CADデータがダウンロードできます。

株式会社 エルライン

株式会社 エルライン
単管パイプ・クランプ・安全鋼板・ゲート等の仮設資材を販売している会社です。万能鋼板・仮囲いなどの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。仮囲いの施工図面例が、施工手順、標準施工図を含めて掲載されています。使用部材も紹介されています。

鈴東 株式会社

鈴東 株式会社
仮囲い鋼板の製造・販売・レンタルをメイン事業に、仮設機材や一般鋼材も取り扱っている企業です。安全鋼板タイプやフラットタイプ、クリアフェンスなどの断面詳細図をPDFファイルでダウンロードできます。パイプ・クランプ式など仮囲い鋼板の一般的な設置方法の設置手順を、スライドショーで公開しています。このサイトでは、仮囲いなどの、CADデータが揃っています。

万能鋼板 図面cadデータ Google

万能鋼板 図面cadデータ Google
万能鋼板・仮囲いのCADデータが、多数紹介されています。仮囲いは、関係者以外の立入禁止、防犯や安全、防塵、遮風、遮音目的で、工事現場、加工場、資材置場などと、外部を遮断するために設けられる高さ2m以上の囲いのことをいいます。仮囲いの材料としては鋼製板、波鉄板、合板などが用いられます。


お求めのCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトからダウンロードしてください。
次のサイトでは、仮囲い・万能鋼板のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
仮囲い・万能鋼板、CADデータのまとめサイト

仮囲いのCADデータの使用、直面する課題とその解決策

1. 仮囲いのCADデータを使用するときの課題

仮囲いや万能鋼板の設置の際には、作業計画書にCADデータを使用して、設置のイメージを提案すると良いでしょう。

最近は、万能鋼板を使った、従来の仮囲いばかりを用いる時代ではなくなってきました。

建設現場とはいえ、街の一部ですから、景観への配慮も考えて、グリーンなどに着色された仮囲いが設置される場合もあります。

仮囲いに、樹木がプリントされたシールが貼られたり、通行人の安全性を考えて、角がフラットな仮囲いが設置されたりすることもあります。

より安全で、現場のイメージアップも狙うためには、道路や地域の管理者に、その場所に適切な仮囲いを、CADデータを用いて提案する必要が出てきます。

2. 主な仮囲いと万能鋼板の種類と用途

昔から広く利用されているのは、万能鋼板です。
耐久性が高いため、多くの建設現場・工事現場で用いられます。

最近、よく使われるようになってきたフラット鋼板は、シール貼りや着色がしやすく、景観への配慮がしや易いことで知られています。

また、透明タイプの仮囲いもあります。
見通しが良くなることで、衝突事故の防止、関係者以外が立ち入ったことを把握しやすくなる、などの利点があります。

効果的に仮囲いのCADデータを使用するためには、仮囲いの種類について理解を深めておくことが大切です。

3. 仮囲いのCADデータを各種サイトで参照する

各種申請書類で、工事・建設のイメージアップに繋がる仮囲いのCADデータを使用するためには、まず、各種サイトで仮囲いのCADデータを参照すると良いでしょう。

万能鋼板、仮囲いの製造・レンタルを行うメーカーサイトでは、仮囲いのデータが多数公開されています。
これらを参照し、効果的に利用できる仮囲いを見つけていきましょう。

施工現場は、地域の景観を損なう、通行人への危険が高まる、などのイメージが付き物です。
そのため、仮囲いのCADデータを使用して、イメージアップにつながる提案をしていく必要があります。

万能鋼板・仮囲い、規格寸法図を貼った施工計画書で、提案力アップと工事成績評定アップ。

CADデータ入りの工事計画書で、仮囲いによる現場安全を

仮囲いは、建築現場や工事現場、資材置場などの防犯や安全を確保するため、工事期間中、敷地境界線に沿って設置される仮の囲いです。

仮囲いの目的は、工事現場・内作場・資材置場などの区画を明らかにすることです。
関係者以外が現場に立ち入ることへの禁止措置、盗難の防止、工事中に発生する粉塵の飛散防止、さらに周辺の景観維持などが目的です。

建築基準施行令では、一定の大きさの工事現場に仮囲いを設置する義務を求めています。
仮囲いの種類は、ガードフェンス、鋼管にシート貼る方法、鋼管に波型鉄板を貼る方法、万能鋼板などがあります。

その中の万能鋼板は、鋼板を使って組み立てられ、材料は亜鉛メッキ鋼板、アルミニウムと亜鉛板との合金、亜鉛板にコーティングして防錆効果を狙ったものなどが使用され、板1枚の高さは2~4m、幅が0.5m程度です。

工事に当たって作成する工事計画書に、この仮囲いの計画を提出されますが、目的に沿ったものかを確認してから提出する必要があります。
すなわち、囲いから工事現場内に侵入防止が確実か、付近住民に対し害を及ぼさないか、設置範囲は適切に囲まれているかなど、目的に沿ったものかどうかです。

このときに便利なものが、CADデータ、3Dデータを使った計画書で、仮囲い全体を俯瞰して見れるようにすることができ、施工主に対して納得できる説明ができます。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする