支保工・TSサポート メーカー図


ニーズに合った、支保工のCADデータを集めるのは、大変な作業です。
そこで、各社が取り扱っているパイプサポート、TSサポートの特徴やCADデータのリンクをまとめてご紹介します。


支保工は、コンクリートを打設するうえで、型枠が崩れるのを防ぐために使用される、仮設の支えです。

種類としては、パイプサポート式型枠支保工や、くさび結合式型枠支保工によるTSサポート、3Sサポート等があります。
TSサポートは、足場としても活用できます。

支保工のCAD技術を習得、理解しておくと、支保工が関わった事故を防ぐことにも繋がり、作業の安全性を守ることができます。

CADデータを使用し、計画書に支保工の設置状態を明らかにすることで、強度の計算ミスなどの不備を防ぐことにも繋がるでしょう。

また、支保工のCAD技術を習得することは、作業の安全度を高める以外にも、自分自身の建設会社への就職のチャンスを広げてくれます。


この記事の後半では、支保工に関わる事故と原因、保工のCAD技術を習得する利点について説明していきます。


パイプサポート、TSサポートのCADデータをに入手したい場合は、下記のリンク集からダウンロードしてください。


支保工・パイプサポート・TSサポート 規格寸法図

トーステ

トーステ
サニタリーバルブ・サニタリー継手・サニタリータンクの製造販売、生産設備の設計・施工を手掛けている会社です。支保工・パイプサポート・TSサポートなどのCADデータ、仕様書、カタログが紹介されています。dwg・dxf形式のCAD図が掲載されています。

日本セイフティー

日本セイフティー
仮設資材のレンタル・販売、ラップ式トイレの販売などをしている会社です。パネルゲートなどのゲート類や、安全施設などの、規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。工事分類で調べることができるので、細かい仮設物でも調べやすく便利にご利用できます。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図がダウンロードできます。

北日本建材リース

北日本建材リース
鋼材の販売・リースや工事施工、建設資材の製造・販売などを行っている企業です。H型鋼や溝形鋼、鋼矢板、山留材などの断面図のCADデータをDXF形式で無料にてダウンロードできます。MKシステムの構造図やライトパネルBOXの平面図のDXF形式CADデータを無料でダウンロードすることができます。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図が揃っています。

株式会社 日本機材

株式会社 日本機材
仮設機材の架け払し工事を中心に軽仮設機材の販売やレンタルも行っている企業です。施工している工事やそれに必要な機材に関する情報をカタログとして掲載しています。カタログは電子カタログとしてダウンロードして活用することが可能です。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図があります。

アルインコ

アルインコ
枠組足場などの建設現場の仮設機材を主に扱う、販売、レンタル、施工を行っている会社です。商品は、カテゴリ別に分けられて見やすく、写真も豊富にあるため、目的の商品を見つけやすくなっています。さび緊結式足場や枠組み足場などの、組立手順や詳細が動画で確認することができ、施工のイメージがわきます。このサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートなどの、規格寸法図が利用可能です。

支保工 図面cadデータ Google

支保工 図面cadデータ Google
支保工・パイプサポート・TSサポートのCADデータが、多数紹介されています。支保工は、トンネル・橋梁等の土木工事や建築などの現場で、岩盤が崩れないように、上または横からの荷重を支えるために用いる仮設構造物のことをいいます。支保工には、切梁式支保工、アンカー式支保工、控え式支保工などがあります。


ご希望のCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを参考にしてください。
次のサイトでは、支保工・パイプサポート・TSサポートのCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
支保工・パイプサポート・TSサポート、CADデータのまとめサイト

支保工のCAD技術を習得する、就職で役立つポイントとは


ここでは、支保工(パイプサポート、TSサポート)に関わる事故と原因、保工のCAD技術を習得する利点について解説します。

1. 支保工、パイプサポートに関わる事故と原因

支保工の事故は、型枠や土砂の崩落や破損が原因となって起こります。

残念ながらこのような支保工に関わる事故は意外と多く、支保工の設置をする際は安全度の確認や強度や重量の計算は絶対に欠かせません。

しかし、メーカーの方から支保工の安全性は保証されていたとしても、作業員がその設備についてしっかりと把握していなければ、それは事故を引き起こす原因になります。

特に、TSサポートは足場も兼ねているため、破損は作業員の転落事故にも繋がりかねません。

また、人身事故に直接的には繋がらなくても、支保工の施工ミスは、基礎の傾きなどの重大なトラブルをはらむ場合もあるのです。

2. 支保工、TSサポートのCAD技術を習得する利点

曖昧な支保工の設計は、事故の可能性を高めます。

そのためにも、支保工のCADデータを使用し、計画書に確かな設計図を明示すること、強度の計算をしっかりと行うことが必要になります。

また、CAD技術を習得して、支保工を3DCADで示すことができれば、より分かりやすく施工された状態を説明することができるでしょう。

自分自身がCAD技術者であれば、作業上の支保工の施工不備を指摘することもできます。

3. 支保工のCAD技術を習得することによる就職のチャンス

支保工のCAD技術を習得すれば、建設会社への就職・転職の幅も広がりやすくなるでしょう。

労災が多発する建設現場では、安全な作業に関する知識の高い人は優遇されます。
建設現場では管理者を任せられやすくなるでしょう。
また、TSサポートなどの支保工を提供するメーカーへの就職も可能です。

就職の可能性を広げるためにも、パイプサポート、TSサポートなどのCADデータが掲載されているサイトを参照し、CAD技術を習得していきましょう。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする